Our Activities / 事業紹介
ファンドレイジング・スクール

募集要項 / Outlineファンドレイジング・スクール
2021年度募集要項

募集要項

  • 期間

    2021年6月~2022年2月予定

  • 開催地

    オンライン(Zoom)形式、都内会場+オンライン形式
    ※研修の内容に応じて、「オンラインのみの開催」「都内会場+オンラインでの開催」となります。
    希望される方は、オンラインのみの参加でスクールの全行程を修了することも可能です。

  • 募集人数

    30名

  • 募集締切

    1回目 書類締切 3/5(金) 結果発表 3/12(金)
    2回目 書類締切 4/2(金) 結果発表 4/9(金)
    3回目 書類締切 5/7(火)結果発表 5/14(金)

  • 費用

    「認定ファンドレイザー必修研修」未受講者: 25万円(税込27.5万円)
    「認定ファンドレイザー必修研修」受講済者: 20万円(税込22万円)

    費用に含まれているもの(但しスクール期間中に限る)

    ・アドバンス研修(6講座/12時間)の受講費用

    ・選択必修(9講座)の受講費用

    ・ゼミ(12回/約40時間)の参加費用

    ・准認定ファンドレイザー試験の受験費用(1回分)

    ・認定ファンドレイザー必修研修の受講費用(1回分)
    ※認定ファンドレイザー資格取得者の方は再受講の必要はありません

    ・個別コンサルティング(1回分/希望者のみ)

    ・jfra主催の研修・イベントへの参加費用(スクール期間中無制限)

    ※上記はスクール期間中に限ります。

    ※入学確定後、いかなる場合でも、ご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

  • U35奨学金制度

    ファンドレイザーを志す若い世代を応援するため、NPOに勤務する35歳以下の受講生に返済不要の奨学金を給付する奨学金制度を新設しました。
    下記の条件を満たし、選考を通過した方が対象となります。

    【募集人数】若干名

    【対象】

    ・入学時点で35歳以下の方

    ・非営利活動団体からの給与等で生計を立てている方

    ・今後もソーシャルセクターで活動していく意思がある方

    ・ファンドレイジング・スクール修了まで学ぶ意思と意欲のある方

    【奨学金】返済不要の奨学金として11万円を給付いたします。 (受講費27.5万円(税込)のうち、ご本人ご負担分は16.5万円(税込)になります。)

    【応募方法】入学申込フォームの「U35奨学生割引制度に応募する」にチェックを入れてお申込みください。後日、審査(プレゼンテーション)についてご案内いたします。

  • 大学チャプター
    奨学金制度

    大学(学校)のファンドレイザーを応援する奨学金制度が立ち上がりました。

    下記の対象要件を満たし、2つの条件を約束できる方が応募可能です。

    【募集人数】2名

    【対象】

    ・大学のファンドレイジングに携わり、組織からの援助がなく、自己負担で入学される方

    ・准認定ファンドレイザー資格未取得、または准認定ファンドレイザーだが大学のファンドレイジング業務経験が1年未満の方

    【条件】

    ・大学チャプターに入会すること

    ・スクールで作成した自団体(自大学)のファンドレイジング戦略立案を、スクール終了後の勉強会で発表すること

    【選考】大学チャプターによる審査により、奨学生が決定します。入学書類(志望動機書、職務経歴書)とご連絡先メールアドレスなどの個人情報は、大学チャプターと共有しますので、ご了承ください。

    【奨学金】返済不要の奨学金として5万円を給付いたします。(受講費27.5万円(税込)のうち、ご本人ご負担分は22.5万円(税込)になります。)

    【応募方法】入学申込フォームの「大学チャプター奨学金制度に応募する」にチェックを入れてお申込みください。審査については、大学チャプターよりご連絡致します。

    本奨学金制度は、「もっと多くの人に大学ファンドレイザーの仕事の魅力を知ってもらい、その業務を体験していただきたい」という想いから、株式会社福笑楽美による寄付によって運営されています。

  • 法人会員割引

    当協会の法人会員、ならびにスペシャルパートナー法人の方は、会員特典として、下記の通り受講料を割引いたします(審査等はありません)。
    【費用】22万円(税込24.2万円)※税抜3万円分の割引 
    【人数上限】

    ・賛同会員(非営利法人)の場合…3名

    ・賛同会員(営利法人)の場合…5名

    ・スペシャルパートナーの場合…5名

    ※当協会の会員制度についてはこちら

  • 支払方法

    カード、郵便振替、コンビニ払いの一括払い/分割払い(3回)

    ※分割の場合 1回目:12.5万円、2-3回目:8万円

  • 入学資格

    「准認定ファンドレイザー必修研修」受講済みの方

    ・「職務経歴書」「志望動機書(1200文字以内)」を提出いただき、当協会の審査を通過した方

    ・勤務、理事、プロボノ、ボランティアなどで関わりのある非営利活動団体の現場を持っている方

    ・オンラインでの研修・ゼミの受講環境(パソコン、マイク、カメラ、インターネット環境など)を用意できる方

    ・当協会が定めた方法で申込み、期日までに受講料の支払いが完了していること

  • 修了条件

    ・アドバンス研修の8割以上の出席

    ・選択必修の8割以上の出席

    ・ゼミの8割以上の出席

    ・認定ファンドレイザー必修研修の受講(スクール生に限って有償実務経験が3年未満でも受講が可能です)※既に受講済の方は改めて受講する必要はありません。

    ・ゼミで作成するファンドレイジング戦略レポートの提出

スクールに申し込む

よくあるご質問(FAQ)

  • Qなぜスクールの入学資格が准認定ファンドレイザー必修研修受講者なのでしょうか?

    ファンドレイジング・スクールで提供するアドバンス研修やゼミは、准認定ファンドレイザー必修研修の内容を習得している方を前提に設計されているためです。

  • Q休んだ場合の補講はありますか?

    ファンドレイジング・スクールで提供するアドバンス研修、選択必修、ゼミについて以下の通りご回答します。

    ・アドバンス研修
    補講はありません。但し、スクール生に限り、受講できなかったアドバンス研修については次年度開催分に参加できます。

    ・選択必修
    補講はありませんが、オンラインコンテンツですので、ご都合のつく時に、受講いただけます。

    ・ゼミの補講について
    補講はありませんが、各ゼミの内容によっては、後日のレポート提出等で出席に認められる場合があります。

  • Q入学資格の「勤務、理事、プロボノ、ボランティアなどで関わりのある非営利活動団体の現場を持っていること」とありますが、なぜこのような条件があるのでしょうか。

    ファンドレイジング・スクールが提供するアドバンス研修は、各領域において「ケーススタディ」と「自団体の戦略作成・実施」をする中で学習を進めていきます。また、ゼミでは一年を通じて、自団体・関連団体の戦略を作成し、実施していくことが求められます。そのため、具体的に非営利活動団体との関わりがないと、こうした学習プログラムに参加できないため当条件を設定させて頂きました。

  • Qスクール生特典の研修やイベントの無料受講の範囲・期限はいつまでですか。

    スクール在籍期間(2021年6月~2022年2月)に開催される、日本ファンドレイジング協会主催の研修、イベントが対象になります。
    他組織およびチャプター主催の研修、イベントは対象外となります。

  • Qついていけるか心配なのですが。

    ファンドレイジング・スクールではケーススタディと自団体の戦略作成・実施が学びの中心となります。
    准認定ファンドレイザー必修研修で得た知識を用いて、考え、仲間と議論し、作り上げていく中で実践力がついていきます。
    ゼミ講師が不安のある方を適宜サポートする体制を整えております。

  • Q居住地が遠方のため通うことができないのですが、オンライン受講はできますか?

    2021年度開講の第6期ファンドレイジング・スクールは、オンライン形式、途中数回のハイブリッド(都内会場+オンライン)形式にて開催いたします。遠方の方は、オンラインのみでスクールの全行程を修了することが可能です。

  • Q学費の支払い方法について教えて下さい。

    支払方法はカード、郵便振替、コンビニ払いからお選び頂けます。また、一括払い、年3回の分割払いで、ご都合の良い方でお支払いいただけます。
    ※入学確定後、いかなる場合でも、ご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

  • Q各講座やゼミが開催される時間帯を教えてください。

    平日の夜および、土曜日を予定しております。また1講座は約2時間を予定しております。

  • Q これまで協会で開催していた選択研修と、スクールで提供するアドバンス研修の違いは何ですか?

    選択研修はファンドレイジングを行う上で押えておくべきポイントを、テーマ毎に学びを深めていくことを目的としています。アドバンス研修はケーススタディや自団体の事例を用いて具体的なファンドレイジング戦略を立案していく内容で、実践力をつけていくことを目的としています。

  • Q ファンドレイジング・スクールで学べる知識の体系は何でしょうか。

    准認定ファンドレイザー必修研修のテキストの知識体系をもとに、ケーススタディや自団体のファンドレイジング戦略を作成していくことで実践力を身に付けていきます。体系についてはカリキュラムマップをご覧ください。

  • Q ケーススタディではどんな事例が扱われているのでしょうか?

    草の根から中・大規模までの幅広い組織規模、福祉やまちづくり、子どもの健全育成、環境・保全などの様々な事業領域、スタートアップから成長、成熟といった一連の成長段階を想定した事例が扱われています。

  • Q入学資格に「勤務、理事、プロボノ、ボランティアなどで関わりのある非営利活動団体の現場を持っていること。」とありますが、関わりのある特定の団体がありません。どうしたらいいでしょうか?

    これまでのスクール生では、イベントの現場で初めて知り合った団体をファンドレイジング・スクールにおける団体と設定して、スクールを修了された方もいます。また、日本ファンドレイジング協会の関連する非営利団体をマッチングすることも検討中ですので、事務局までご連絡ください。

その他のご質問は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

ファンドレイジング・スクールに関するお問い合わせは
日本ファンドレイジング協会事務局までご連絡下さい。
Mail:info@jfra.jp

アドバンス研修は単科受講も可能です。学びたい領域が明確な方はご検討ください。

単科受講制度について