連載

イノベーティブ・ファンドレイジング

ファンドレイジングにとって、新しいツールや仕組みによるイノベーションは常に必要不可欠です。世界でも次々と新しい発想や新しいメカニズムでのファンドレイジングが誕生していますが、この連載では、そうした世界、そして日本のイノベーションの最先端を解説することを目的としています。是非、この連載にヒントを得て、あなた自身の手によるイノベーションを仕掛けてください。

Profileこの連載を書いている人

鵜尾 雅隆 Masataka Uo

認定ファンドレイザー
日本ファンドレイジング協会 代表理事

G8 社会インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会副委員長、社会的投資促進フォーラムメンバー、日本ボランティアコーディネーター協会副代表理事、(株)ファンドレックス代表取締役なども務める。JICA、外務省、米国NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、寄付10兆円時代の実現をめざし、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの寄付教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。2004年米国ケース大学Mandel Center for Nonprofit Organizationsにて非営利組織管理修士取得。同年、インディアナ大学The Fundraising School修了。
著書に「ファンドレイジングが社会を変える」「NPO実践マネジメント入門(共著)」「Global Fundraising(共著)」「寄付白書(共著)」「社会投資市場形成に向けたロードマップ(共著)」などがある。

This Seriesこの連載の記事一覧

スクリーンショット 2015-04-14 11.52.47
無料!
2015.3.13

「次のステージ」へ向けた日本のイノベーション ~2020年に向けて、おこすこと、おきること

戦略的ファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
スクリーンショット 2015-04-14 11.26.50
2015.3.7

募金箱でムーブメント、というイノベーション

戦略的ファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
IMG_5418
無料!
2015.3.6

【第一回】ソフトバンクの「かざして募金」というイノベーション

戦略的ファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー

Other seriesその他の連載記事

  • 実践!フィランソロピー教育

    実践!フィランソロピー教育

    寄付教育とは、寄付について、子どもたちが楽しみながら考え、体験する教育プログラムです。教育で完結する「疑似体験」型から年間を通じて体験するものまで様々なモデルがあります。大切なことは、子どものうちから、「自分の価値観で支援先を選択する楽しさ」「支援することで達成感を得る感覚」を体感してもらうこと。このことを通じて、自分にはこの社会でかけが...
    2016.12.5更新
  • 社会を変えるお金

    社会を変えるお金

    寄付だけではなく、共感にもとづく投資、融資による善意の資金循環を生み出すために、経済的価値だけでなく、高い社会的価値を創出するNPOやソーシャルビジネスが上場することで、債券や株式が公開され、取引される「社会的投資市場」をつくり、社会的投資が当たり前の日本を実現する中での、最新の情報をお届けします!
    2015.7.23更新
  • 新連載
    NPOのためになる広報講座

    NPOのためになる広報講座

    ファンドレイジングに限らず、どのような活動をする上でも避けては通れないのが「広報」。思うように情報を伝えることができないことに対して歯痒い思いをされている方も多いのではないでしょうか。このセッションでは、広告代理店業界の第一線で活動してきた白土さんから「伝えるコツ」を学ぶことができます。効果的なファンドレイジングの基礎となる、自分たちの団...
    2015.4.14更新
  • 新連載
    ファンドレイジング入門(全8回)~善意のお金の集め方~

    ファンドレイジング入門(全8回)~善意のお金の集め方~

    まだファンドレイジングを始めたばかりで自信がない方や、これからどこから手をつければいいかわからない方など、今後、ファンドレイジングについて取組んで行こうと思っている方向けに、ファンドレイジングのステップについてお伝えいたします。
    2015.4.10更新

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。