投稿日:2021年10月27日

なぜ、NPOと企業は連携するのか【法人寄付を語るシリーズ2】

御手洗 薫Kaoru Mitarai
認定ファンドレイザー
認定NPO法人フローレンス みんなで社会変革事業部 寄付担当

「法人寄付を増やしたい」、そう思うのは、寄付単価が高いからでしょうか?今回の記事では、NPOが企業と連携することの価値について語りたいと思います。

認定NPO法人フローレンスの場合

以下の図は、私が所属する認定NPO法人フローレンス(以下、フローレンス)で実際に行ったワークショップでまとめたものになります。縦軸を“寄付金/使役/物資”とし、横軸を“一時的/継続的/イベントベース”にグループを分け、それぞれの支援で得られるモノ・コトは何か、チームメンバーとともに洗い出しました。

企業と連携すると何が得られるのかを洗い出し、その結果を、さらに以下のように分類しました。

私たちは、限られた予算から、「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」ために、多くの人に社会問題そのものを知ってもらうための広報を行い、そして、フローレンスの活動に共感と信頼を得た結果として、寄付を獲得しています。法人からの寄付は、資金的な支援だけでなく、そうした広報活動そのものへの協力を得ることができるのです。

企業がNPOと連携する理由

前回の記事でもご紹介した通り、企業は、社会的な課題の解決と企業の競争力向上を同時に実現するCSV(共通価値の創造 Creating Shared Value)への関心が高まっています。企業は、本来主軸に考える「いかにお金を生み出すか」「いかにお金を守るか」「いかにリスクを管理するか」という軸を社会貢献と同時に実現していこうと考えています。

一方、NPOは、「いかにお金を生み出すか」「いかにお金を守るか」「いかにリスクを管理するか」を考えて、非営利活動を取り組んでいるわけではありません。

この違いをふまえて、企業と連携していく必要があります。

NPOと企業は強みを活かし合うパートナー

環境に優しい商品であるか?生産段階に労働搾取や環境破壊の問題は含んでいないか?食品ロスは少ないか?消費者の意識が高まる中、自社の利益だけを追求する時代は終わりました。どの企業も、消費者に選ばれるためだったとしても、本気で社会をより良くしていこうと取り組んでいます。

ですが、企業の本来のミッションはシェア拡大であり、そのためのスキルを持っています。一方、私たちNPOは、よりよい社会を作るために、あらゆるステークホルダーと協力し合う強みを持っています。

企業の強みと、NPOの強みをかけ合わせ、シナジー効果(相乗効果)を出す。

私たちNPOにとって、企業は「多額の寄付や様々な支援をしてくださる寄付者」ではなく、互いの強みを持ち合わせて、社会をより良くしていく強靭なパートナーなのです。

次号では、法人寄付を戦略的に集めていくためには、どのようなことをすると良いのかについてお話します。

Commentsコメント

Profileこの記事を書いた人

御手洗 薫 Kaoru Mitarai

認定ファンドレイザー
認定NPO法人フローレンス みんなで社会変革事業部 寄付担当

東京生まれ。日本女子大学理学部卒。外資系IT企業にて、エンジニア、マーケティング、営業を経験。この間、二度の育児休職を取得し、待機児童問題、病児保育問題に直面し、同時に多くの育児中の父親、母親が同じ悩みを感じていることを知る。すべての親子が心豊かな人生を送れるよう行動したいと決意し、2017年フローレンスに入社。現在は、法人向け寄付・遺贈寄付を担当。

Web: https://florence.or.jp

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。