無料 投稿日:2015年3月6日

【第一回】ソフトバンクの「かざして募金」というイノベーション

鵜尾 雅隆Masataka Uo
認定ファンドレイザー
日本ファンドレイジング協会 代表理事

IMG_5418

 

新連載、イノベーティブ・チャレンジの始まりです。ファンドレイジングにとって、新しいツールや仕組みによるイノベーションは常に必要不可欠です。世界でも次々と新しい発想や新しいメカニズムでのファンドレイジングが誕生していますが、この連載では、そうした世界、そして日本のイノベーションの最先端を解説することを目的としています。是非、この連載にヒントを得て、あなた自身の手によるイノベーションを仕掛けてください。

 

Mobile Giving FoundationのジムCEOも感激した「かざして募金」

3月5日、ソフトバンク社は、「かざして募金」という新しい携帯寄付プラットフォームを提供するサービスを開始しました。このチャレンジは、いくつかの点で極めて重要なイノベーションを日本の寄付市場に対して起こしていく可能性があります。
具体的な仕組みは、図をご覧ください。簡単に言いますと、画像認証の仕組みを活用して、その団体のポスター、ロゴなどの認証を携帯電話で行うと、自動的にその団体の寄付画面に飛び、そこから寄付をすることができ、更にはその寄付額が携帯料金から天引きされるという仕組みです。
これまで、携帯電話の寄付については、いくつかのハードルがありました。震災前には、そもそも、毎回クレジットカード番号などを入力しないといけないということがありました。震災後に、日本の携帯会社の中でも、携帯料金に課金する形での寄付の仕組みが導入されましたが、残念ながら携帯会社の指定する数団体のみが活用できるという形となっており、多くのNPO等が利用できる寄付プラットフォームとは呼び難いものでした。

先日、ファンドレイジング日本2014に登壇するため来日したジム・マニスが立ち上げたMobile Giving Foundationでは、数千のNPOが寄付プラットフォームとして活用できる携帯寄付(携帯料金に課金できる)の仕組みを構築し、世界的に有名になりましたが、日本ではそうしたことはできないという状況でした。

そこで、ソフトバンクのみなさんが検討を重ねて誕生したのがこの「かざして募金」という仕組みです。2月に来日したジム・マニスも、実は公表前のこのサービスについてソフトバンクの皆さんから紹介してもらったのですが、「このユーザビリティは素晴らしい」といたく感激をしていました。

といいますのも、実はMobile Gibing Foundationのモデルは、テキストメッセージ寄付の形をとっていて、例えば「22118(団体ごとのID番号)に5ドル」というテキストメッセージを寄付者がMobile Giving Foundationに送信すると、Mobile Giving Foundationがそのメッセージを自動認証して、携帯会社にその寄付者の携帯料金に課金してもらい、NPOに寄付するというもの。自動化されていて素晴らしいのですが、他方で、テキストメッセージ社会のアメリカと違い、日本ではテキストメッセージを使う人がそもそも少ないという課題がありました。

そこで、いろいろと知恵をしぼって考え出されたのが、画像をキャプチャして、それで決済画面に飛ぶという手法。ある意味、日本の文脈にあったイノベーションを考えられた訳です。

 

かざして募金の持つ可能性

画像を認証するので、駅でも屋外イベントでも、パンフレットでも、TVでも雑誌でも、その写真などのうえに携帯をかざすだけで寄付できるというこのしくみ、いろいろと「遊べる」というところが最大のポイントだと思います。パラリンピックのスタジアムで感動したらその場で携帯で寄付するということだってできるし、講演して、その場で、パンフレットにかざしてもらってもいい。きっと全国のファンドレイザーの方の中には、面白い活用の仕方を思いつく方がいると思います。
なんといっても1000団体を超えたっておかしくないくらい、幅広い団体にプラットフォームを提供しようということに、大きな可能性があると思います。

まず、ソフトバンク社さんのチャレンジから始まったこの「かざして募金」是非、全主要キャリアで当然のようにできるようになるといいと思います。

 

【かざして募金の特徴】
・画像認証から即寄付決済画面に飛べること
・携帯料金に課金することによる利便性
・少数ではなく、たくさんのNPO等が活用できること
・毎月継続寄付にも対応できること

 

スクリーンショット 2015-04-14 11.04.46

Commentsコメント

Profileこの記事を書いた人

鵜尾 雅隆 Masataka Uo

認定ファンドレイザー
日本ファンドレイジング協会 代表理事

GSG 社会インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会副委員長、(株)ファンドレックス代表取締役、全国レガシーギフト協会副理事長、寄付月間推進委員会事務局長、非営利組織評価センター理事、JICAイノベーションアドバイザー、大学院大学至善館特任教授なども務める。JICA、外務省、NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、課題解決先進国を目指して、社会のお金の流れを変えるため、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの社会貢献教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。
2004年米国ケース大学Mandel Center for Nonprofit Organizationsにて非営利組織修士取得。同年、インディアナ大学The Fundraising School修了。
著書に「寄付をしようと思ったら読む本(共著)」「ファンドレイジングが社会を変える」「NPO実践マネジメント入門(共著)」「Global Fundraising(共著)」「寄付白書(共著)」「社会投資市場形成に向けたロードマップ(共著)」「社会的インパクトとは何か(監訳)」などがある。

Other articlesこの著者の他の記事を読む

2020.6.26

寄付の役割とは―自助と公助のすき間を埋める「共助」の力

新型コロナウィルスにおけるファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

行き過ぎた寄付のリスク

新型コロナウィルスにおけるファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

寄付先選びの処方箋

新型コロナウィルスにおけるファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

「選択する寄付」という新たな寄付のあり方

新型コロナウィルスにおけるファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.4.8

ふるさと納税によって地域にどう関わっていくのかを追い続けるチャレンジ「スペシャルパートナー対談」

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.4.1

日本の広告業界の在り方に切り込む!NPOのデジタルマーケティングを支援する現場から見えてきたチャレン...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
無料!
2020.1.9

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第2弾:慶應義塾大学大学院システムデザイ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
無料!
2020.1.9

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第2弾:慶應義塾大学大学院システムデザイ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
無料!
2019.11.21

【共感の本質シリーズ】共感とは共通フィールドの設定

共感ファシリテーション
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。