Fundraising Journal online

Latest articles新着記事

20160520_1
2016.6.10

社会のお金の流れをデザインするトップランナ―たち ~ダイナミックな社会変革を起こしていくために必要な...

ファンドレイジング日本
三島 理恵
dsc05752
無料!
NEW2016.12.5

社会貢献教育ファシリテーターが語る、社会貢献教育の魅力・課題・可能性

寄付教育
大石 俊輔
gutz111103_0224
無料!
2016.11.14

“ひとりおかんっ子”を救わなあかん! ポジティブな発信で、さまざまな人を巻き込むファンドレイジング

インタビュー
yamauchi3
2016.11.14

WEBから寄付の申し込みが自動的に起こる、ランディングページ(LP)の作り方

戦略的ファンドレイジング
山内 悠太 / 認定ファンドレイザー
learningbygiving1
無料!
2016.10.13

他の先進国に比べ、日本の寄付やボランティアが少ない原因は教育だと思うーバフェットファミリーによる寄付...

寄付教育 活動レポート
大石 俊輔
%e6%94%af%e6%8f%b4%e6%80%a7%e3%81%ae%e8%b2%a1%e6%ba%90%e3%81%94%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88
2016.10.5

マンスリーサポーターの獲得に注力すべきNPO、すべきでないNPO

戦略的ファンドレイジング
山内 悠太 / 認定ファンドレイザー
タイトル
2016.9.9

いちから理解する遺贈寄付 第2回

遺贈寄付
今給黎 辰郎 / 認定ファンドレイザー
寄付・会費収入は約8倍に増加
2016.9.9

なぜ「ホームページから、寄付が集まらない」のか?

戦略的ファンドレイジング
山内 悠太 / 認定ファンドレイザー
図表1
2016.8.3

ソーシャル・インパクト・ボンドとは?―世界のマーケットの現状―

ソーシャルファイナンス
下田 聖実
タイトル
2016.7.15

いちから理解する遺贈寄付

遺贈寄付
今給黎 辰郎 / 認定ファンドレイザー

Authors著者紹介

ファンドレイジングの第一線で
活躍する方々が日々執筆中!

Series連載記事

  • 実践!フィランソロピー教育

    実践!フィランソロピー教育

    寄付教育とは、寄付について、子どもたちが楽しみながら考え、体験する教育プログラムです。教育で完結する「疑似体験」型から年間を通じて体験するものまで様々なモデルがあります。大切なことは、子どものうちから、「自分の価値観で支援先を選択する楽しさ」「支援することで達成感を得る感覚」を体感してもらうこと。このことを通じて、自分にはこの社会でかけが...
    2016.12.5更新
  • 社会を変えるお金

    社会を変えるお金

    寄付だけではなく、共感にもとづく投資、融資による善意の資金循環を生み出すために、経済的価値だけでなく、高い社会的価値を創出するNPOやソーシャルビジネスが上場することで、債券や株式が公開され、取引される「社会的投資市場」をつくり、社会的投資が当たり前の日本を実現する中での、最新の情報をお届けします!
    2015.7.23更新
  • 新連載
    NPOのためになる広報講座

    NPOのためになる広報講座

    ファンドレイジングに限らず、どのような活動をする上でも避けては通れないのが「広報」。思うように情報を伝えることができないことに対して歯痒い思いをされている方も多いのではないでしょうか。このセッションでは、広告代理店業界の第一線で活動してきた白土さんから「伝えるコツ」を学ぶことができます。効果的なファンドレイジングの基礎となる、自分たちの団...
    2015.4.14更新
  • 新連載
    ファンドレイジング入門(全8回)~善意のお金の集め方~

    ファンドレイジング入門(全8回)~善意のお金の集め方~

    まだファンドレイジングを始めたばかりで自信がない方や、これからどこから手をつければいいかわからない方など、今後、ファンドレイジングについて取組んで行こうと思っている方向けに、ファンドレイジングのステップについてお伝えいたします。
    2015.4.10更新
  • イノベーティブ・ファンドレイジング

    イノベーティブ・ファンドレイジング

    ファンドレイジングにとって、新しいツールや仕組みによるイノベーションは常に必要不可欠です。世界でも次々と新しい発想や新しいメカニズムでのファンドレイジングが誕生していますが、この連載では、そうした世界、そして日本のイノベーションの最先端を解説することを目的としています。是非、この連載にヒントを得て、あなた自身の手によるイノベーションを仕掛...
    2015.3.13更新

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。