ファンドレイジングの最新情報無料

Newsお知らせ 

【参加費無料】博物館向けファンドレイジング連続セミナーと実践団体募集のご案内

日本ファンドレイジング協会は、文化庁による委託事業に基づき、博物館(美術館や資料館等も含む)における戦略的ファンドレイジングを学ぶセミナーを実施します。また、この事業においては、セミナーの実施に留まらず、博物館経営に資する資源の調達に係る実証事業に協力してくださる博物館を募集します。

基礎編|博物館向け戦略的ファンドレイジング
日時 2022年8月18日(木) 10:00-12:30
内容 ■本日の流れと本研修会の背景について
■戦略的ファンドレイジング基礎
■実証事業への参加募集について(15分程度)
■質疑応答
開催場所 Zoom配信(※参加URLは、お申し込みの自動返信メールにてご案内いたします)
参加費 無料
対象 ・博物館職員及び関係者、博物館の設置主体・運営主体の職員及び関係者
・上記のほか、博物館におけるファンドレイジングにご関心のある方
講師 鵜尾 雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事)
JICA、外務省、米国NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、課題解決先進国を目指して、社会のお金の流れを変えるため、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング・日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの寄付教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。
実践編|事例から学ぶ~クラウドファンディングや遺贈寄付の成功と失敗
日時 2022年8月19日(金) 18:00-20:30
内容 ■文化施設におけるクラウドファンディングについて
■遺贈寄付について
■実証事業への参加募集について(15分程度)
■質疑応答
開催場所 Zoom配信(※参加URLは、お申し込みの自動返信メールにてご案内いたします)
参加費 無料
対象 ・博物館職員及び関係者、博物館の設置主体・運営主体の職員及び関係者
・上記のほか、博物館におけるファンドレイジングにご関心のある方
講師 鎌倉 幸子(かまくらさちこ株式会社 代表取締役/認定講師)
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会にてプロジェクト・マネジメントやファンドレイジングに従事後、2016年にかまくらさちこ株式会社を設立。ソーシャルセクターのファンドレイジングや組織基盤強化のコンサルティングを行う。また、2016年から2019年、アカデミック・リソース・ガイド株式会社のスタッフとして地方公共団体の公共施設等の基本構想、基本計画策定支援業務に従事する。地方公共団体等の公共施設における基本構想・基本計画の策定、クラウドファンディングを含めた資金調達の伴走支援に従事した経験を有している。
2020年 公益社団法人大日本弓馬会クラウドファンディング伴走支援
2021年 高知こどもの図書館クラウドファンディング伴走支援


齋藤 弘道(遺贈寄附推進機構株式会社 代表取締役・全国レガシーギフト協会 理事)
信託銀行にて1500件以上の相続トラブルと1万件以上の遺言の受託審査に対応。遺贈寄付の希望者の意思が実現されない課題を解決するため、2014年に弁護士・税理士らとともに勉強会を立ち上げた(後の「全国レガシーギフト協会」)。2018年に遺贈寄附推進機構株式会社を設立。日本初の「遺言代用信託による寄付」を金融機関と共同開発。

実践編は、ファンドレイジングの基礎知識を有していることを前提に、より具体的かつ実践的な内容を学ぶものとなりますので、基礎と実践と連続の研修受講を推奨します。特に、実証事業への参加を検討している博物館の方は、連続の受講をご検討ください。ただし、どちらか一方のご参加を制限するものではありません。お申し込みの方で、当日ご欠席になられた場合は、アーカイブ動画をお知らせ致します。
■実践団体の募集について【事業実施期間:2022年9月~2023年3月を予定】

ファンドレイジング実施の調査研究に対し、参加協力頂ける博物館を募集します。ご協力の博物館に対しては、下記の実施を予定しています。
■実証事業で目指すゴールと目標の設定
■最適なファンドレイジング方法の検討(クラウドファンディング、現物寄付など)
■ファンドレイジング実施(ファンドレイザーが伴走します)
■成果の取りまとめ
※詳細は、8月18日・19日のセミナー時にご案内いたします。

■開催の背景

博物館は、資料収集・保存、調査研究、展示、教育普及といった活動を一体的に行う施設であり、実物資料を通じて人々の学習活動を支援する施設としても、重要な役割を果たしています。これまで博物館が担ってきた基本的な役割とともに、新たに社会的・地域的な課題への対応と、持続可能な経営基盤の確立の必要性が示される中、博物館におけるファンドレイジングの関心や重要性は高まっており、その一方、実践にあたっての課題も指摘されています。日本ファンドレイジング協会は、本事業を通じて、博物館に関わる方々への戦略的ファンドレイジングの実践における基礎知識と実践事例の共有と、実証事業を行います。

出典:博物館法制度の今後の在り方について(文化審議会博物館部会 令和3年7月)

出典:令和2年度「博物館の機能強化に関する調査」事業実績報告書

■問い合わせ

認定NPO法人日本ファンドレイジング協会
担当:浅井 美絵(プロジェクトリーダー)・千田 領一郎(ディレクター)
〒105-0004東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
TEL:03-6809-2590 MAIL:jfra@jfra.jp