Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【オンライン開催】寄付月間2020キックオフ~コロナ禍で見えた連帯と寄付の可能性~

開催202012/1Tue.

日本ファンドレイジング協会が推進委員として参画している寄付月間推進委員会の主催イベントです。
詳細は、主催団体までお問合せください。



6年目を迎える「寄付月間~Giving December~」。
寄付月間は、NPO、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるために、12月1日から31日の間、協働で行う全国的なキャンペーンとして2015年にスタートしました。「欲しい未来へ、寄付を贈ろう」を合言葉に、今年も全国各地で様々な寄付月間の公式認定企画が繰り広げられます。

今回のキッフオフイベントでは、コロナの影響を受けての取り組みが数多く進む中で、寄付月間へ関心がある方々だけでなく、寄付月間の公式認定企画を企画している方々や、全国、47都道府県全てにいる「寄付月間アンバサダー」、寄付月間を盛り上げようとしている企業の方々など、幅広くお集まりいただいて、今年の寄付月間が「もっと楽しみになる」機会にしていきたいと思います。

また、メインプログラムとして、今年のノーベル平和賞を授賞した国連WFPで活躍されてきた忍足謙朗さん(元国際連合世界食糧計画アジア局長)、日本初の寄付月間に際しても来日してお話しいただいたビル・ゲイツさんの財団の日本常駐代表の柏倉美保子さん(ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本常駐代表)、心に火をつける「心の聖火リレー」の実現に取り組む神保拓也さん(株式会社トーチリレー代表取締役)によるトークセッションもお届けします。

オンライン開催ですので、ご自宅など好きな場所からご参加いただくことができます!
ぜひお子様やご家族とご一緒に、寄付の意味や可能性、欲しい未来について考えてみませんか?

 

◆開催概要
日時:2020年12月1日 13:00~15:00
場所:オンライン開催<ZOOM>

 

◆お申込みはこちらから

 

[開催内容]
■トークセッション
・忍足謙朗さん(元国際連合世界食糧計画アジア局長)
・柏倉美保子さん(ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本常駐代表)
・神保拓也さん(株式会社トーチリレー代表取締役)
■パネルトーク
・3名による「寄付のもつ可能性について」
■参加者トーク
・寄付月間の歩みと今
・オンライン対話
等々、盛りだくさんの内容です

[講演者紹介]
忍足謙朗さん(元国際連合世界食糧計画アジア局長)
国連在籍34年のうち国連世界食糧計画(WFP)に25年間勤務し、世界中の紛争地・被災地で緊急人道支援を指揮してきた忍足謙朗さん。TBS「情熱大陸」、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」などテレビ出演や講演活動を通じて、国連でのキャリア形成や国際協力を志す若い世代を中心にリアルな現場を伝えている。

柏倉美保子さん(ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本常駐代表)
投資銀行、責任投資でキャリアを積んだ後、2013 年から世界経済フォーラム日本事務所初の職員として地域戦略を担当。2017 年 7 月より、ビル&メリンダ・ゲイツ財団初の日本常駐代表として、途上国が抱える課題へ日本からのソリューションを最大限増やす役割を担う。

神保拓也さん(株式会社トーチリレー代表取締役)
ファーストリテイリンググループで全社変革を推進する「有明プロジェクト」をリードし、史上最年少で上席執行役員・社長直轄プロジェクト担当に昇格。その後、株式会社トーチリレーを設立し「心に火をつける”トーチング”面談」を毎日無料で行っている。また、この活動に賛同し、自らも心に火をつけるメカニズムを学びたいという方へ、面談のエッセンスを文字に起こして公開し、継続的なご支援をいただくことで、持続可能な「心の聖火リレー」の実現を目指している。

主催:寄付月間推進委員会
お問合せ先:info@giving12.jp、03-6809-2590(日本ファンドレイジング協会内 寄付月間共同事務局)