Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【アートチャプター主催】アートとファンディングを考える~セッション&ワールドカフェ版

開催201811/17Sat. ポイント4pt

ともすると、課題解決型の文脈で語られることの多いファンドレイジング。文化・芸術のような価値創造型事業におけるファンドレイジングとその課題とは?公益財団法人セゾン文化財団 理事長 片山正夫氏とアートチャプター代表 奥山大介氏による中・上級者向け講座と初級者向けワークショップを同時開催し、後半はワールドカフェ形式でディスカッションを行います。
開催日:2018年11月17日(土)13:00~17:00
会場:日本財団8階会議室(東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル)
認定・准認定ファンドレイザーの受験資格、資格更新に必要な選択研修のポイントを【4ポイント取得】できます!前半のみ参加の場合は、2ポイントの取得になります。
主催:日本ファンドレイジング協会アートチャプター
アートチャプターは、ファンドレイジング協会内のグループとして、日本の寄付文化の醸成に関し、アートに関わる人達へその概念や倫理観を伝播するとともに、アートを取り巻くファンドレイジングに関する理解や意義を深めていくための活動を行います。


お問い合わせは「info@art-chapter.official.jp」まで
共催:日本財団CANPANプロジェクト
時間 プログラム
前半
13:00-15:00
【価値創造型事業のための資金調達~ヒントとブレークスルー~】
(ファンドレイジング中・上級者編)

講師:公益財団法人セゾン文化財団 理事長 片山正夫

ファンドレイジングを学ぶ全ての方へ。ともすると、 課題解決型の文脈で語られることの多いファンドレイジング。 文化・ 芸術のような価値創造型事業におけるファンドレイジングとその課題とは?文化系財団・助成金・ 評価の文脈で常に革新的なメッセージを発信されてきたセゾン文化財団理事長 片山正夫氏をお招きし、 アート業界におけるファンドレイジングのこれからについて徹底的 に議論し、そこから得たヒントを実践へと導きます。

前半
13:00-15:00
【さぁファンディングをはじめよう!】
(ファンドレイジング初級者編)

講師:日本ファンドレイジング協会アートチャプター 代表 奥山大介

ファンドレイジングしたいけど、 なにからやったら良いかわからない。そもそもファンドレイジングって最近よく聞くけどなに?そんなあなたも明日からファンドレイジング実践の第一歩を踏み出しましょう。実際に活動している、応援している団体のあるあなたに送る2時間 。

*中・上級者編と初級者編は、其々別の部屋で行います。
*中・上級者編と初級者編は、参加を希望されるいずれか1セッションにお申込みいただけます。
*前半のみの参加も可能です。

時間 プログラム
後半
15:30-17:00
【ワールドカフェ『アートとお金の「ミョー」な関係』】

講師:方瀬りっか

後半の会では、 ワールドカフェという手法を使って皆さんの対話や発見を生み出す 「かもしれない」場を設けます。ワールドカフェとは、 カフェでのお喋りのような気軽さで色々な方と同じ問いを共有しながら楽しく意見を交換し、学びを深めていく対話手法のひとつです。 アートとお金の関係について他の人の話が聞いてみたい! 自分の考えに意見が欲しい!など、ご興味ある方、ぜひお越しください。

講師
公益財団法人セゾン文化財団 理事長 片山正夫

1958年兵庫県西宮市生まれ。一橋大学卒。㈱西武百貨店を経て1989年、セゾン文化財団事務局長に就任。2018年より現職。1994~95年、米国ジョンズホプキンス大学政策研究所フェローとして、芸術助成プログラムの評価を研究。2012~16年、立教大学21世紀社会デザイン研究科特任教授。現在 (一財)非営利組織評価センター理事長 (公財)公益法人協会、(公財)助成財団センター、(公財)ジョイセフ理事、(一財)日本芸術文化国際交流財団評議員、(学)国立学園監事、アーツカウンシル東京・カウンシルボード委員、慶應義塾大学大学院非常勤講師等を務める。著書に「セゾン文化財団の挑戦」、共著書に「NPO基礎講座」「プログラム・オフィサー」「民間助成イノベーション」等。

日本ファンドレイジング協会アートチャプター 代表 奥山大介

1982年北海道生まれ。2001年よりサントリーパブリシティサービス株式会社にて、札幌コンサートホールKitaraのレセプショニストとして従事。2006年、財団法人(現 公益財団法人)札幌交響楽団に勤務。チケット販売・定期会員担当を経て、2008年より法人・個人のパトロネージュ会員(寄附会員)の担当として現在に至る。北海道やアート分野へのファンドレイジング普及を目指し、北海道チャプター及びアートチャプターを開設。両チャプター代表を務める。

方瀬りっか

1995年横浜生まれ。 東京学芸大学教育支援専攻表現教育コース在学中。インフォーマルな学びの場について模索を続ける中で演劇ワークに出会う。「学校で家庭でもない学びの場/居場所」 をテーマにもち、 近年はそのような場としての文化ボランティアについて試行錯誤している。