Newsお知らせ



休眠預金活用における当協会が受託する案件のガバナンス強化について

2020.09.28

報告

日本ファンドレイジング協会では、当協会の代表理事 鵜尾雅隆が2020年7月15日付で休眠預金における指定活用団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下、JANPIA)の理事に就任したことを受け、組織内のガバナンスの観点から、休眠預金に関する倫理委員会を設置し、休眠預金活用における指定活用団体、資金分配団体、ないしは実行団体から受託する案件について、適切さを審査する体制を取ることといたします。

参考:JANPIA 「理事体制変更のお知らせ」(2020.7.17)
https://www.janpia.or.jp/other/news/news/news_20200717.html