Newsお知らせ



命をつなぐ「こども宅食」を全国へ。親子の危機を予防し、安心して子育てできる未来を

「こども宅食」が全国展開決定!
「こども宅食応援団」を佐賀県に設立。
〜 助成等のスタートアップ支援を開始 〜



プレスリリースはこちらから


2017年7⽉、東京都⽂京区でスタートした「こども宅⾷」は、毎日の生活が困難な家庭に、定期的に⾷品を届ける事業です。⾷品の宅配をきっかけにつながりをつくり、それぞれの家庭を⾒守りながら、⾷品以外の様々な⽀援につなげてきました。
ふるさと納税による寄付や、多くの企業等からの⾷品等の提供があり、スタートから1年で、現在は550世帯以上の親⼦を⽀えることができています。

この度、親⼦の危機を予防する新しいセーフティネットである「こども宅⾷」を、⽇本中の親⼦のために届けるべく、⼀般社団法⼈こども宅⾷応援団を設⽴し、ふるさと納税で全国に広げていきます。



東京都文京区でスタートした「こども宅食」、1年で、現在は550世帯以上の親⼦を⽀えることができています。⼀般社団法⼈こども宅⾷応援団は佐賀県を拠点とし、資⾦調達には、ふるさと納税制度を活⽤し、2018年11⽉28⽇より、3,000万円を⽬標に寄付を募ります。
本プロジェクトでは返礼品を⽤意せず、集まったご⽀援 の全てを事業の推進に活⽤します。

 
■⼀般社団法⼈こども宅⾷応援団について■
所在地:佐賀県佐賀市⽩⼭⼆丁⽬1番12号佐賀商⼯ビル7階 佐賀市市⺠活動プラザ内
設⽴:2018年10⽉15⽇
代表理事:駒崎弘樹(NPO法⼈フローレンス代表理事)
理事:鴨崎貴泰(⽇本ファンドレイジング協会事務局⻑)、河合秀治(ココネット株式会社取締役社⻑執⾏役員)、藤沢烈(⼀般社団法⼈RCF代表理事)、村上絢(⼀般財団法⼈村上財団代表理事)、渡辺由美⼦(NPO法⼈キッズドア代表理事)
事業内容:⽇本国内の「こども宅⾷」モデルの実施希望者に対する伴⾛⽀援。および、運営団体に対する助成⾦の⽀給、広報・啓発活動等。

 
■ご取材のご連絡・お問合せ■ 
⼀般社団法⼈こども宅⾷応援団 担当:菊川
電話:03-6811-0903 ( 9:00 〜 18:00 )メール:info@kodomo-takushoku.jp