投稿日:2021年12月27日

ファンドレイザーと協働した地域創生のためのチャレンジ

寄付・社会的投資が進む社会の実現のために、日本ファンドレイジング協会と一緒にチャレンジするスペシャルパートナーの皆さんをご紹介します。今回は、なぜ、一民間企業である株式会社トラストバンクが「ふるさと納税を通じて、寄付文化の醸成を図っているのか」、弊協会代表理事 鵜尾雅隆が、川村 代表取締役に伺いました。

プロフィール

川村 憲一

株式会社トラストバンク 代表取締役
食品専門商社を経て、東証一部上場企業のコンサルティング会社にて、地方活性化に向けた中小企業の新規ビジネス(小売店や飲食店)の立ち上げからブランドマネジメント、人財開発(採用・教育)に従事。その後、大手EC企業のマネジメント職を経て、自らコンサルティング会社を設立。2016年3月よりトラストバンクに参画。2019年4月執行役員、同年10月取締役。2020年1月より現職。

聞き手

鵜尾 雅隆

日本ファンドレイジング協会 代表理事
JICA、外務省、米国NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、課題解決先進国を目指して、社会のお金の流れを変えるため、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング・日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの寄付教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。

ふるさと納税で「寄付文化の醸成」を図る

川村:「自立した持続可能な地域をつくる」というビジョンを掲げる株式会社トラストバンクは、地域の課題解決を促す事業のひとつとしてふるさと納税事業を展開しています。

この事業は、地域で活躍するプレーヤーと連携することでさらに大きな広がりとなると考えており、自治体が未来に向けた投資のために資金を募り、その目的の実現に向けて多くの資金が集まることで寄付文化を広めていくことが大切だと考えています。

GCFは様々なプレーヤーと協働する機会

鵜尾:ふるさと納税は、自分の意思を表明している点が大事だからこそ共助につながっていきますよね。ふるさと納税を通じて、寄付の成功体験につながる点が寄付文化の醸成に結びついていくのではないでしょうか。

川村:そもそも弊社の会長兼ファウンダーの須永がはじめてふるさと納税を知ったとき「ふるさと納税って、自治体版のクラウドファンディングだ」と思ったのですが、それに通じる考えだと思います。ふるさとチョイスで寄付する際は、寄付金の使い道の選択が必須となっているので、どの寄付にも「○○に使って欲しい」という意志が反映されています。その点からも、目的の実現のために資金を募るファンドレイジングといえると思います。

鵜尾:ふるさとチョイスでは「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」もされていますよね。

川村:ガバメントクラウドファンディングは、寄付金の使い道をプロジェクト化して資金を募る仕組みです。NPO等のファンドレイジングに近いかもしれません。

鵜尾:GCFには、どのようなプロジェクトが多い等の傾向はありますか?

川村:様々なプロジェクトがあるのですが、最近は、自治体と補完し合いながら、NPOや社会起業家などと行われるプロジェクトが増えてきています。力強い仲間たちが加わって、より包括的かつ持続可能な取り組みが出てきており凄く可能性を感じています。こういう好事例をどんどん広げて行きたいです。

Power of Choiceで寄付者が未来を選択する機会を創りたい

鵜尾:私たちが掲げているエコシステムは、各プレーヤーがぞれぞの活動を通じて、それぞれが繋がり合うことでより大きな力で課題解決に向かうための仕組みを目指すものです。寄付文化を広げることがふるさとチョイスの一つの使命と以前伺ったかと思うのですが、この点についてのお考えはどうですか?

川村:ふるさと納税が身近な寄付であることを伝えることで、寄付文化が広がっていくと思います。さらに、地域の経済循環を実現し、持続可能性を高めるため、2021年11月より「Power of Choice」の取組を始めました。

鵜尾:おぉ、どんな取組なんですか?

川村:Power of Choice はコロナ禍で影響を受けた事業者を支援する取り組みです。この取り組みに賛同してくださった方がエントリーして寄付を申し込むと、その寄付金額の0.5%相当を、ふるさとチョイスの売上から事業者の支援としてお渡しするものです。賛同してくださった方にはあえてエントリーをお願いしています。それは、寄付者が寄付の使い道を選択し、意思をもって寄付をすることが重要だと考えるからです。このPower of Choice も寄付者が自分たちの未来を選択する、という意味が込められており、この寄付者の意思が寄付文化の醸成に必要との思いから、あえてエントリーいただいています。この取り組みで、より未来志向で、チャレンジを始める事業者の方々を応援したいと思います。

鵜尾:すばらしい取組ですね。トラストバンクは地域の未来の夢を語り合える場であると感じます。これからの企業の見本になるんじゃいかと思います。この記事をご覧になっている方にむけて、最後に、一言メッセージをお願いします。

川村:ふるさと納税でこういうことが実現できるんだということを是非知って頂きたいですし、GCF対象のプロジェクトとして是非ご一緒しましょう!また、皆さんが課題と思っていることについて既に行われているGCFもあると思いますので、一緒に広めていきましょう。

鵜尾:本日はありがとうございました!

 

関連リンク:
ガバメントクラウドファンディング
ふるさとチョイス Power of Choice

Commentsコメント

Related articles関連記事を読む

2021.12.27

ファンドレイザーと協働した地域創生のためのチャレンジ

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2021.5.27

持続可能な地域をつくる、地域課題の解決に向けた連携の可能性

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2021.3.3

日本ファンレイジング大賞受賞団体に訊くファンドレイジングの可能性(後編)

インタビュー
イノウエ ヨシオ / 准認定ファンドレイザー
2021.3.3

日本ファンレイジング大賞受賞団体に訊くファンドレイジングの可能性(前編)

インタビュー
イノウエ ヨシオ / 准認定ファンドレイザー
2021.1.6

社会貢献教育とスポーツ、そこにある共通の想い|私が寄付をする理由ー寄付者インタビュー

インタビュー 社会貢献教育
大石 俊輔
2020.8.5

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第3弾:NPO法人新公益連盟 代表理事 ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.8.5

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第3弾:NPO法人新公益連盟 代表理事 ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.4.8

ふるさと納税によって地域にどう関わっていくのかを追い続けるチャレンジ「スペシャルパートナー対談」

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.4.1

日本の広告業界の在り方に切り込む!NPOのデジタルマーケティングを支援する現場から見えてきたチャレン...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。