投稿日:2021年6月29日

富裕層の社会貢献が本格化の兆し|(後編)ファンドレイザーが考えるべきこと

鵜尾 雅隆Masataka Uo
認定ファンドレイザー
日本ファンドレイジング協会 代表理事

前編では、日本で経営者や富裕層の社会貢献のニーズが高まっていることをお伝えしました。この社会変化の中で、ファンドレイザーは何を考えるべきか、ここでは3つのポイントをお伝えします。

寄付者のマイストーリーに寄り添う
寄付額の多寡に関わらず、その方なりの「フィランソロピック・イニシアチブ」を発揮してもらうために、自分達に何ができるかを考えることができる組織は、今後強くなっていく可能性があると思います。その第一歩は、寄付者の声や寄付者のストーリーを聴く機会を作っていくということなのだと思います。富裕層でなくとも、遺贈寄付も含めて、多くの人に資産を活かした一定規模の社会貢献を人生で行う可能性はあります。その時、「私たち(NPO)がイニシアチブを持つので、ご寄付をここへ」ということ以外の選択肢として、「あなたのイニシアチブを形に」を持ち得るかどうかということがひとつの分かれ目となります。

フィランソロピーアドバイザーとしての能力形成を視野に入れる
ファンドレイザーは一般的には、資金を必要とする団体側のために仕事をしています。しかし、欧米ではファンドレイザーが、寄付者のアドバイザーとして、寄付者側に立って仕事をするケースもあります。有名なのは、世界的ベストセラーである「ソウル・オブ・マネー」の著者であるリン・トゥイスト氏。トゥイスト氏は、ファンドレイザーとして仕事をする中で、お金と幸せ、お金の本当の価値、ということに関心を持ち、今では、世界中の資産家から引っ張りだこのアドバイザーです。多くの経営者はビジネスの成功経験はあっても社会貢献の成功体験はなかったりします。経営者や富裕層の思いに寄り添い、具体的な形として設計し、実現するためのアドバイスやプログラムの設計力が求められます。

フィランソロピック・イニシアチブを実務面からサポートする
経営者や富裕層の「フィランソロピック・イニシアチブ」の実現を、継続的、専門的かつ実務的にサポートするコーディネーター役がこれから必要となっていくでしょう。欧米でも、中小規模のファミリー財団の場合は専従スタッフを置いておらず、助成金のプログラムを実施するために、助成の選考プロセスをNPOのことを良く知る外部者に委託するケースがよく見られます。ここにも、ファンドレイザーの役割が求められていくと思います。

今、まだ端緒についたばかりの「経営者・富裕層のフィランソロピック・イニシアチブ」ですが、後年振り返ったとき、「いつの間にか当たり前になった」と感じるテーマになることを期待しています。

Commentsコメント

Profileこの記事を書いた人

鵜尾 雅隆 Masataka Uo

認定ファンドレイザー
日本ファンドレイジング協会 代表理事

GSG 社会インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会副委員長、全国レガシーギフト協会副理事長、非営利組織評価センター理事、JICAイノベーションアドバイザー、大学院大学至善館特任教授なども務める。JICA、外務省、NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、課題解決先進国を目指して、社会のお金の流れを変えるため、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの社会貢献教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。
2004年米国ケース大学Mandel Center for Nonprofit Organizationsにて非営利組織修士取得。同年、インディアナ大学The Fundraising School修了。
著書に「寄付をしようと思ったら読む本(共著)」「ファンドレイジングが社会を変える」「NPO実践マネジメント入門(共著)」「Global Fundraising(共著)」「寄付白書(共著)」「社会投資市場形成に向けたロードマップ(共著)」「社会的インパクトとは何か(監訳)」などがある。

Other articlesこの著者の他の記事を読む

2021.6.29

富裕層の社会貢献が本格化の兆し|(後編)ファンドレイザーが考えるべきこと

遺贈寄付・富裕層の寄付
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2021.6.29

富裕層の社会貢献が本格化の兆し|(前編)コロナ禍とフィランソロピック・イニシアチブの萌芽

遺贈寄付・富裕層の寄付
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2021.5.27

持続可能な地域をつくる、地域課題の解決に向けた連携の可能性

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.8.5

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第3弾:NPO法人新公益連盟 代表理事 ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.8.5

【シリーズ】ビジョン・パートナーに聞く「思い描いている未来」第3弾:NPO法人新公益連盟 代表理事 ...

インタビュー
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

寄付の役割とは―自助と公助のすき間を埋める「共助」の力

新型コロナとファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

行き過ぎた寄付のリスク

新型コロナとファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

寄付先選びの処方箋

新型コロナとファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー
2020.6.26

「選択する寄付」という新たな寄付のあり方

新型コロナとファンドレイジング
鵜尾 雅隆 / 認定ファンドレイザー

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。