Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【東京・オンライン開催】課題の見える化とNPO活動を伝えるリサーチ力「アンケート / ヒアリング設計」実践プログラム(NPOサポートセンター主催)

開催20227/7Thu.-8/18Thu. ポイント9pt

本研修は、当協会パートナー団体のNPOサポートセンター主催の研修になります。詳細は、主催団体まで、お問い合わせください。

行政や自治体、セクターを越境して活躍するNPOが増え、他地域への展開、政策提言、PR活動・キャンペーンの成功事例の共有に注目が集まっています。

活動を横展開、セクターを越えたプロジェクトを実現したいNPOにとって、NPOの実践を再現するエビデンスを集める「アンケート調査」の手法は欠かせないスキルになりました。

本研修のテーマは、社会課題の見える化とNPO活動を人に伝えるための「アンケート設計」の実践です。

リサーチの設計、検証する仮説・調査項目の立て方、アンケートの作成、実施方法、集めたデータの伝え方まで、基礎を徹底的に習得しましょう。

【全3回のプログラム内容】
第1回 : ヒアリング・アンケートの基礎(特性を知り、全体像を描く)
・なぜ○○が必要なのか?を支持するためのアンケート設計
・行政資料、統計データ、メディア報道資料の用い方と注意点
・主観的なヒアリングの実施意義とノウハウ
・客観的なアンケートでのデータ取得方法
・【第2回までの宿題】仮説検証項目の整理

第2回 : 仮説を検証可能にするアンケート設計
・調査設計の検討(誰に、何を、どうやって聞くか)
・仮説検証項目、聴取項目の設定
・アンケート文面作成と注意点
・【第3回までの宿題】アンケート調査票の作成

第3回 : アンケートの実施と集計・分析の基礎
・宿題「アンケート調査票」の内容について個別アドバイス
・アンケート実施時の諸注意点
・回答のデータ化、集計
・集めたデータの活用方法(分析)
・報告書のストーリー作り、なぜ○○が必要なのか?

詳細・お申し込みはこちら

講師紹介:
牛堂 雅文(株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー / 日本マーケティングリサーチ協会 カンファレンス委員会 元委員長)

対象:
・調査結果を社会に発信し、活動を拡大、横展開をしたい
・受益者、支援者にアンケート調査を実施したい
・事業が「なぜうまくいっているのか or なぜうまくいっていないか」を明らかにしたい
・アンケート設計が難しく、作成や実施ができていない
・リサーチ初心者、独学で実施しているが、調査方法に問題がないか不安
・集まったデータが恣意的な結果になっていないか自信がない

持ち帰れる成果
・アンケートの調査設計から集めたデータの活用方法まで基礎の習得
・リサーチの専門家からのフィードバックを得たアンケート調査票の完成
・アンケート実施、集計データの活かし方の方向性の決定

日時:
・第1回 : 7月7日(木)14:00-17:00
・第2回 : 7月21日(木)14:00-17:00
・第3回 : 8月18日(木)14:00-17:00

ポイント:認定・准認定ファンドレイザーの受験資格、資格更新に必要な選択研修のポイントを
9ポイント取得可能です。
※ポイントは全日程終了後に一括で通知されます。
講座最終日に主催者から送付される【認定ファンドレイザー資格ポイントに関するご案内】から始まるメールを確認し、ポイント取得の申請をお願いいたします。
「オンデマンド見放題 Premium プラン」での受講はポイント取得の対象となりません。

受講料:
料金プランA (個人受講 3回セット料金) : 20,000円 / 1人(現地参加のみ)
料金プランB (団体受講 3回セット料金) : 30,000円 / 1団体(現地参加1名+オンライン参加3名 ※ )
料金プランC (オンライン受講:聴講生 3回セット料金) : 10,000円 / 1人(オンライン参加のみ)
詳細はお申込みページを参照ください。

詳細・お申し込みはこちら