Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

失敗事例から学ぶファンドレイジングの本質(1科目から受講できる単科研修)

開催201912/17Tue. ポイント4pt

准認定ファンドレイザー必修研修受講済の方が対象の講座です。

「ファンドレイジングの失敗事例」を題材として、9.11の時の米国赤十字の事例など、国内外の様々な事例を取り上げる予定です。失敗のリスクを恐れていたら前に進めませんが、その経験に学ばないと事業や団体は進化していくことができません。本講座では、ファンドレイジングにおいて、失敗とどう向き合っていくべきかをディスカッションを織り交ぜながら、学びを深めていきます。

本講座では、以下の切り口で失敗事例をみていき、「学び」を深めていきます
・NPO的特性を理解していなかったことによる失敗
・コミュニケーションマネジメントの失敗(社会への説明不足)
・他法人、グループ、専門家との連携上の共通理解不足による失敗
・理事、スタッフ、コアなボランティアのマネジメントによる失敗
・助成金、補助金などの「条件」を軽視することによる失敗
・財源の多様化をしないことによる失敗

本講座の資料の一部

・ファンドレイジング・スクール本科コースの方との合同受講となります。少人数で、経験からの学びを深めていくための研修です。
・受講前に、事前課題に取り組む必要があります。【2時間目安、当日持参】

※ファンドレイジング・スクールを知りたい方はコチラ

 

こんな方におススメ!
NPO運営に携わっている方
非営利組織のファンドレイジングに携わっている方
実践で使えるファンドレイジング力を培いたい方
ファンドレイジング・スクールのカリキュラムにご関心のある方

受講費用
日本ファンドレイジング協会 会員5,000円+税、非会員8,000円+税
※キャンセルは、研修日前日17時までのご連絡とさせて頂きます。それ以降は、いかなる場合にもご返金できませんのでご了承ください。
日程
2019年12月17日(火)  19:00-21:00 (会場:株式会社リブゲート・セミナースペース
申込締切 12月13日(金)
内容

事前学習で調べた失敗事例や非営利分野における過去の事例を取り上げながら、ファンドレイジングを実践していくにあたり、押さえておくべきポイントや考え方を学びます。

講師


鵜尾 雅隆(認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイレイジング協会 代表理事)
GSG 社会インパクト投資タスクフォース日本諮問委員会副委員長、(株)ファンドレックス代表取締役、全国レガシーギフト協会副理事長、寄付月間推進委員会事務局長、非営利組織評価センター理事、JICAイノベーションアドバイザーなども務める。JICA、外務省、NPOなどを経て2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックス創業、2009年、課題解決先進国を目指して、社会のお金の流れを変えるため、日本ファンドレイジング協会を創設し、2012年から現職。認定ファンドレイザー資格の創設、アジア最大のファンドレイジングの祭典「ファンドレイジング日本」の開催や寄付白書・社会投資市場形成に向けたロードマップの発行、子供向けの社会貢献教育の全国展開など、寄付・社会的投資促進への取り組みなどを進める。
2004年米国ケース大学Mandel Center for Nonprofit Organizationsにて非営利組織修士取得。同年、インディアナ大学The Fundraising School修了。
著書に「ファンドレイジングが社会を変える」「NPO実践マネジメント入門(共著)」「Global Fundraising(共著)」「寄付白書(共著)」「社会投資市場形成に向けたロードマップ(共著)」「社会的インパクトとは何か(監訳)」などがある。