Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【NPOサポートセンター主催】新規支援者獲得に挑戦「対面型ファンドレイジング」実践ゼミ(パートナー団体による研修)

開催20178/30Wed.-9/23Sat. ポイント15pt

新規支援者獲得に挑戦「対面型ファンドレイジング」実践ゼミ 

「自団体の活動は伝わりにくい」、「いきなり寄付をしてくれる人はほとんどいないはずだ」、
「直接お願いするのは緊張する」などの理由で、対面型のファンドレイジングをあきらめていませんか?

本ゼミでは、イベント出展、セミナー開催、交流会参加、問い合わせ対応など意外と多い対面シーンにおけるファンドレイジング(寄付獲得)に、実践的にチャレンジし、「対面型ファンドレイジング」のスキルを獲得します。自団体の寄付獲得の可能性を試すことも可能です。

ゼミでは、自団体もしくは事例団体のスタッフとして、実際に対面型ファンドレイジング(駅前や公共スペースなどでの新規支援者獲得)に取り組むことで、一連の運営ノウハウから実践スキルまでを習得できます。
対面型ファンドレイジングを本業としている講師から、実践的に学びます。

取り組みを通じて、以下のスキルや経験の獲得を目指します。

・短時間で活動に共感してもらうコミュニケーション
・見込み寄付者の見分けかた
・寄付獲得までのトークスクリプト(台本)作成
・対面ファンドレイジングでの立ち振る舞いの基礎
・自団体の対面型ファンドレイジングの可能性の確認

カリキュラム

自団体もしくは事例団体のどちらかを選び、対面型ファンドレイジングに取り組む

 1日目:対面型ファンドレイジングの基礎、短時間で共感を得るためのコミュニケーション、
     トークスクリプト(寄付獲得までの台本)の作成

 2日目:ロールプレイ(ファンドレイジング演習)、トークスクリプトの改善
     本番に向けた準備・運営のポイント

 3日目:「対面型ファンドレイジング」実践、振り返り、まとめ

  

※カリキュラムは、状況に応じて一部変更となることがございます

この研修は、当協会のパートナー団体であるNPOサポートセンターが主催しています。本イベントは日本ファンドレイジング協会認定研修として、15ポイントが取得できます!これからファンドレイザーの資格取得を目指される方は、試験受験のためのポイント付与研修として、資格を既にお持ちの方は、資格更新の対象研修となります。


日時
[第1回]8月30日(水)13:00-17:00
[第2回]9月6日(水) 13:00-17:00
[第3回]9月23日(土)10:00-18:00 (実践日)
講師
永島 孝尚 (アプコグループジャパン株式会社 トレーニングマネージャー) / 野崎大雅 ( アプコグループジャパン株式会社 渋谷支店マネージャー)

≪講師:アプコグループとは≫
アプコグループは、日本ほか世界26ヵ国850オフィスを展開している、ダイレクトマーケティング専門の会社です。フェース・トゥ・フェース(対面式)の対応を得意とし、様々な企業の商品の販売だけではなく、NPO/NGOのファンドレイジングの実績も豊富です。
国内では、アムネスティ・インターナショナル日本、オックスファム・ジャパンなど複数のNPO/NGOでの支援実績があり、寄付獲得で約7億円を集める事に成功し、支援者の継続年数は平均で4年の実績を有します。

事例団体&ゼミ長

山本 匡浩(国際協力NGO ADRA Japan マーケティング部マネージャー)

愛知県生まれ。名古屋市消防局勤務後、大学・大学院進学。
在学中、格差・貧困問題に関心を持ちNPOに参加。お金の流れを変えることで社会課題を解決することを目指し、ファンドレイジング職を志望。
2016年にはWEB広告Google AdGrantsの運用実績が認められGoogle社から日本で2番目のGrants Proの認定を受ける。また同年、米国のNGOで
ファンドレイジング業務を経験し、帰国後は米国で得たスキルを業務で実践中。
現職ではWEBマーケティング、毎月寄付・緊急寄付獲得、企業連携、イベント企画などマーケティング業務全般に携わる。

研修ポイント

15ポイント

場所

NPOサポートセンターオフィス

参加費

15,000(3回連続)

URL
詳しくはこちら