Newsお知らせ



【ご案内】締切間近、ファンドレイザー研修(今年度試験受験の最終スケジュール)

2013.09.27

認定・准認定ファンドレイザーを目指す皆様へ、今年度の試験受験に向けての最終の研修スケジュールになります!
締切・定員が迫っておりますので、ご希望の方はお早目にお申込み下さい。
多くの皆様のご参加、挑戦を心よりお待ちしております。
社会を変えるプロフェッショナル~認定ファンドレイザー資格制度についてはこちらをご覧下さい。https://jfra.jp/wp/cfr/


♦准認定ファンドレイザー試験(第4回は12月7日)を受験するには、
「准認定ファンドレイザー必修研修」「選択研修9ポイント」の研修受講が必要です。

♦認定ファンドレイザー試験(第2回は12月7日)を受験するには、
「認定ファンドレイザー必修研修」「選択研修6ポイント」の研修受講が必要です。


2013年度試験実施概要(詳しくはこちらをご覧下さい。)
●第4回准認定ファンドレイザー試験
日程:2013年12月7日(土)/申込:2013年10月1日(火)~11月6日(水)
(試験申込の為のマイページ登録は10月30日まで)
●第2回認定ファンドレイザー試験
日程:2013年12月7日(土)/申込:2013年10月1日(火)~11月6日(水)
(試験申込の為のマイページ登録は10月30日まで)

2013年度認定ファンドレイザー必修研修実施概要
●2013年10月12日(土)~13日(日)10:00-17:00(東京)★締切10月4日!

・准認定ファンドレイザーで学んだ体系に加えて事業収入や疑似私募債・融資などについて学ぶとともに、実際に組織や事業をマネジメントしながらファンドレイジング戦略を設計し、実践していくスキルを事例やケーススタディも活かしながら参加型で習得する研修です。実践的なノウハウやツールを活かした取り組みなども習得します。
・研修終了後には、同研修で取得したスキルを活かして、自団体の事例か当方が用意した課題事例を選択し、その事例に基づき、実際のファンドレイジング戦略設計を行っていただき、40日後までに所定のレポートを提出していただきます。
・2日目の研修終了(16:00予定)後、参加者のうち、希望者の方とはグループ相談会を開催し、ファンドレイジングの具体的改善について講師からのアドバイスや参加者間の意見交換、経験の共有を行います(最大2時間を予定)。普段の悩みやアイデアを共有し、解決策を検討しあう場です。
・同研修には、認定ファンドレイザーテキストの実践編追加テキスト、ファンドレイジング関連業務フォーマット集(CR-ROM)が含まれます。また、上記レポートの審査料も含まれています。(レポートの返却はいたしておりませんのでご注意ください)
・受講条件
・満18歳以上/ファンドレイジング関連の有償実務経験3年以上/准認定ファンドレイザー資格を有する/当協会の会費滞納がないこと
・受講費用:6万円

2013年度准認定ファンドレイザー必修研修実施概要
●2013年10月20日(日)10:00-17:00(名古屋)定員に達しましたので申込は終了致しました。
●2013年10月29日(火)10:00-17:00(東京)定員に達しましたので申込は終了致しました。

この研修は、ファンドレイジングの知識を体系的にまとめた300頁のテキスト(当日配布)を用い、組織の成長戦略、寄付・会費・助成金を得るための戦略や基本スキルを学びます。
ファンドレイジングの全体像を理解でき、自分の体験や個々の研修などで得る学びを体系化することができます。
2012年度より開始したこの研修は、既に900名を超える方に御受講頂きました。受講者の方からは、下記のような声を頂いています!
♦ファンドレイジングに対して何となく理解していたことが、体系的に整理できました。
♦内容が大変充実していて、実務に即役立てたいと思います。
♦NPOのみならず、全てのマネジメントを行う者にとって、役立つ内容でした。
♦実務経験のない学生の私でもファンドレイジングを体系的に理解することができました。
♦ファンドレイジングの手法ばかりに目が行きがちでしたが、事業や財源など団体としての成長戦略という大きな視点が必要だと認識が変わりました。

10時から17時の長時間の研修になりますので、「ボリュームたっぷりで疲れました」という声もありますが、ファンドレイジングに関する様々な知識を短期集中で学ぶチャンスです。 20130308

日本ファンドレイジング協会会員10,000円・非会員15,000円

2013年度選択研修実施概要
●ファンドレイザー研修
・10月11日10:00-12:00(東京)2ポイント「法律家から見たファンドレイジング行動基準」申込終了!
・10月11日13:00-16:00(東京)3ポイント「インターネットを活用したファンドレイジング」申込終了!
・10月30日10:00-12:00(東京)2ポイント「寄付白書から読み解く日本の寄付」申込終了!
・10月30日13:00-16:00(東京)3ポイント「ケーススタディで学ぶファンドレイジング」申込終了!

費用:午前(会員1500円・非会員2000円)/午後(会員2000円・非会員3000円)
定員:100名
会場:日本財団2階(東京都港区赤坂1-2-2)

●寄付白書から読み解く日本の寄付(2013年10月30日10:00-12:00)2ポイント
申込入金締切:10月20日(締切日前でも定員に達した場合には、締切とさせて頂きます)


寄付白書2012から、震災寄付を含む日本の寄付動向を読み解きます。寄付白書のデータをファンドレイジングにどう活かすかも皆で考えてみます。
1030-1-150

●講師:日本ファンドレイジング協会 プログラムオフィサー 大石 俊輔
2008年3月法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。学生時代より、まちづくり、文化芸術分野のNPOでのボランティアを経験。同年4月より特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターに勤務。2010年6月より現職。2010年日本で初めての寄付白書の編纂で中心的な役割を担うとともに、次世代向けのフィランソロピー教育である「寄付の教室」実行責任者として活躍中。

●ケーススタディで学ぶファンドレイジング(2013年10月30日13:00-16:00)3ポイント
申込入金締切:10月20日(締切日前でも定員に達した場合には、締切とさせて頂きます)


具体的なケースステディから、ファンドレイジングを体系的に学ぶことにより、実践的なノウハウが身に付きます。ワークを交えたこの研修では、ファンドレイジングは面白い!を体感できます。
1030-2

●講師:日本ファンドレイジング協会 代表理事 鵜尾 雅隆
日本ファンドレイジング協会代表理事。91年以降、日米インドネシアのさまざまなNPOの理事、運営委員などとして資金調達、起業顧客の開拓を経験。2004年米国ケース大学Mandel Center for Nonprofit Organizationsにて非営利組織管理修士取得。同年、インディアナ大学The Fundraising School修了。2005年帰国後、「ファンドレイジング道場」(http://dojo.livedoor.biz/)を立ち上げ、ファンドレイジングのノウハウや寄付事業の各国比較などを発信している他、講演、全国各地での研修、個々のNPO向けのファンドレイジング改善や戦略策定のコンサルティングなどを行っている。2008年7月、ファンドレイジング専門のコンサルティング会社である株式会社ファンドレックスを創業。2009年2月、日本ファンドレイジング協会の発足に携わり、常務理事に就任。2012年6月より現職。著書に「ファンドレイジングが社会を変える」等。

●法律家から見たファンドレイジング行動基準(2013年10月11日10:00-12:00)2ポイント
申込入金締切:10月1日(締切日前でも定員に達した場合には、締切とさせて頂きます)


ファンドレイザーが自信と誇りと誠実さをもってファンドレイザー活動に取り組むための道標となる行動基準を法律家の視点から解説頂きます。法人格や個人情報保護にも触れながら、ファンドレイジングの基礎的理解を深めます。
1011-1-150

●講師:赤坂シティ法律事務所 パートナー弁護士 樽本 哲氏
赤坂シティ法律事務所パートナー弁護士。1999年早稲田大学法学部卒、2003年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。日弁連中小企業法律支援センター事務局次長(広報担当)、日弁連中小企業の海外展開支援WG委員、認定経営革新等支援機関、准認定ファンドレイザー(日本ファンドレイジング協会)。NPOの法的課題をNPO関係者とともに研究する「NPOのための志的勉強会」を主催。

●インターネットを活用したファンドレイジング(2013年10月11日13:00-16:00)3ポイント
申込入金締切:10月1日(締切日前でも定員に達した場合には、締切とさせて頂きます)


ファンドレイジングを行う上でインターネットの活用は、必要不可欠です。ホームページやオンライン寄付の活用について、具体的なポイントを徹底解説頂きます。
1011-2

●講師:合同会社コーズアクション 代表 菅 文彦氏
97年に財団法人オイスカに入り、企画・広報業務を担当。01年日本で初めての募金ポータルサイト「ぼきんやドットコム」を公開(05年同サイト終了)。05年にヤフー株式会社で社会貢献・CSR関連を担当。「Yahoo!ボランティア」のインターネット募金の企画運営、「Yahoo!カーボンオフセット」や社会啓発コンテンツの企画。「Yahoo!基金」の設立・事務局業務。10年当社設立。