Newsお知らせ



「生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体活動助成事業」に採択されました

2021年7月29日、認定NPO法人日本ファンドレイジング協会は、厚生労働省「生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体活動助成事業」に採択されました。本助成事業は、新型コロナウイルス感染症の影響により、孤立・孤独に陥る危険性の高い生活困窮者やひきこもり状態にある者を対象にして支援活動を民間団体を支援することを目的としています。
 
日本ファンドレイジング協会は直接こうした支援活動を実施しておりませんが、目指す成果の検討や事業計画の策定、事業成果の評価、活動の振り返りを効果的に実施できるサポートや人材育成が必要であると考え、全国の5地域において、「住民主体の共生型地域づくり普及支援ガイド」を活用した研修等を実施します。
 
本ガイドは、社会的孤立状態の相談者への個別支援や、地域のつながりを増加させることで孤独・孤立の解消につながるような地域づくりに取り組む団体や自治体向けに作成されたものです。本事業を通して、日本ファンドレイジング協会は、ガイドの内容の見直し・改善を行い、全国の関係団体や自治体等において幅広く活用されるガイドとなることを目指します。
 
参考:生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体活動助成事業