Newsお知らせ



【海外ニュース】GivingTuesdayが、新型コロナウィルスCOVID-19に対応してグローバルな行動の日を5月5日と発表!#GivingTuesdayNOW

2020.05.01

世界的な寄付キャンペーンである「GivingTuesday」が、COVID-19による前例のない危機への緊急対応として、2020年5月5日に世界規模で「#GivingTuesdayNOW」の呼びかけを行うことが発表されました。
 
ギビングチューズデイ「GivingTuesday」とは、ニューヨークにあるNPOの非営利団体と国連が共同でよびかけたのがきっかけとなり、2012年より続いている国際的なキャンペーンです。
 
アメリカの伝統行事である、11月の第4木曜日にある「サンクスギビング」というその年の収穫を祝う感謝祭明けの翌週の火曜日を、「誰かのために寄付しようと呼びかけたり、寄付をする日」として、ソーシャルメディアでのハッシュタグによる拡散で、社会的なムーブメントになっています。
 
世界中の国々60カ国以上が参加し、2019年12月3日の「GivingTuesday」では、アメリカだけで20億ドルの寄付を生み出し、寄付だけではない様々なソーシャルアクションが展開されています。
 
今年は当初予定されていた2020年12月1日の「GivingTuesday」に加え、2020年5月5日を「GivingTuesdayNow」とし、世界中の一人ひとりのつながりの結集を呼びかけています。

 

“#GivingTuesdayNow is a chance for us to stand united and use grassroots generosity to show that we are all in this together, beginning to end. Even as many face financial uncertainty, generosity is not about size. Every act of kindness is not only a beacon of hope, it’s a critical act of civic and social solidarity.”

(GivingTuesdayのCEO Asha Curranのメッセージ)
 


今、この瞬間に、家に居てもできることがある。誰かに寄り添うことができる。
物理的な距離は必要であっても、心は繋がることができる。

 
「#GivingTuesdayNOW」のサイトでは、様々な関わりのアイディアが記載されています。5月5日には、皆さん一人ひとりで寄付や自分のできるアクションを考えてみてはいかがでしょうか?
 
#GivingTuesdayNOW

https://now.givingtuesday.org/