Newsお知らせ



ファンドレイジングにおける倫理原則に関する国際声明に賛同します

2010.10.01

さて、協会では「ファンドレイザー行動基準」の策定に向けて準備を
開始しておりますが、その策定に先立ちまして、この行動基準策定の基準となるもの
として、「International Statement of Ethical Principles
in Fundraising(ファンドレイジングにおける倫理原則に関する国際声明)」
を、日本ファンドレイジング協会として「賛同」の意を表明すること
としました。

この国際声明は、各国のファンドレイジング協会の代表者会議である、International Summitが
2006年に発表し、世界24カ国が賛同の意を示して承認し、それを踏まえて各国が
倫理規定・行動基準を策定しています。

先日、当協会の鵜尾雅隆常務理事が、英国で開催されました第5回I nternational Summit
に参加してまいりましたが、その会議でも、当面はこの国際声明の内容を変更せず、
各国での倫理規定や行動基準の制定を進めていくということで話がなされていました。

協会では、各国協会の代表者会議である、International Summit
に対して、賛同の意を伝えるとともに、この声明文の原文(英語)と
翻訳文(日本ファンドレイジング協会作成)を、ここに掲載いたします。

International Statement of Ethical Principles
in Fundraising

ファンドレイジングにおける倫理原則に関する国際声明