Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【オンライン・東京開催】情報発信の社会的視点を高める「NPOの広報・コミュニケーション戦略」ゼミ(NPOサポートセンター主催)

開催20223/15Tue.-4/12Tue. ポイント4pt

本研修は、当協会パートナー団体のNPOサポートセンター主催の研修になります。詳細は、主催団体まで、お問い合わせください。

SNSの浸透とスマートフォンの普及を通じて、NPOが社会の現状を発信し、共感者を増やす大きなチャンスが到来しています。カリスマ的な代表と理事だけでなく、スタッフ個人や支援者、ステークホルダー全員で、社会を動かす情報発信が必要です。

しかしながら、誰もがすぐに情報にアクセスできて、コミュニケーションのスピードが上がりつづける時代のなかで、社会課題を積極的に伝えるために、難易度の高いコミュニケーションが求められています。

支援を集め、活動への共感を増やすために伝えたいことがあるのに、SNSでの炎上を恐れて無難なことしか言えなくなってしまう、そもそも発信する勇気がなくなってSNSの更新が止まっていないでしょうか。

文章作成やデザインにおいては、多様性やジェンダーへの配慮など、偏見や差別を生まない表現を行うことも非常に重要です。

本ゼミのテーマは、NPOの情報発信をアップデートする「コミュニケーション戦略」です。過剰な速度で大量の情報があふれる時代に、社会とつながりを育み、共感者を増やすためのNPO独自の広報を考えていきます。

効果的な情報発信により、団体の事業やその背景にある社会課題が認知されることは、実現したい未来に近づくことにもつながります。

実例やワークを交えた全2回のゼミで、団体の事業目標の達成やステークホルダーとの関係構築を見据えたコミュニケーション戦略を考えます。戦略実行のために、社会的視点を踏まえた上で、団体として安心で役に立つ情報発信に必要なことを学びます。

キャンペーンや制作物を企画するために必要な広報の考え方を整理し、炎上や批判コメントへの対応なども学び合っていきましょう。

全2回のプログラム内容:

◆第1回 : 広報企画を立て、共感者を増やすPRとは?
・NPOとして(または事業として)実現したいことは何か
・誰に伝えるか、どのような言葉を選ぶか
・PR事例や広報制作物を見ながら学ぶ
◆第2回 : 社会的視点を踏まえ、安心で役立つ情報発信のために
・社会の現状を知る
・LGBTQとは?男性女性への配慮・炎上をどう避けるか?批判コメントへの対処

お申し込みはこちらから

講師:
高祖 常子(株式会社ブライト・ウェイ取締役)

日時:3月15日(火) 4月12日(火) 14:00~16:30

会場:NPOサポートセンターオフィス (東京都港区芝4-7-1 西山ビル4階)

・JR山手線、京浜東北線「田町駅」から徒歩8分
・都営三田線、浅草線「三田駅」A7出口から徒歩5分

参加費:・料金プランA:個人受講(2回セット料金) : 20,000円 / 1人(現地参加のみ)

・料金プランB:団体受講(2回セット料金) : 30,000円 / 1団体(現地参加1名+オンライン参加3名 ※ )※オンライン参加4名以降は、+5,000円 / 1人 となります。

・料金プランC:聴講生(2回セット料金) : 10,000円 / 1人(オンライン参加のみ)※聴講生は、質疑応答、ワークショップ参加、課題提出のフィードバックを受けることができません。

▼現地参加者のみ、紙のテキスト資料を配布します。

▼団体受講について

・同一の団体から、現地参加1名+オンライン参加複数名で受講できます。
・各講義に、毎回1名現地参加者が必須です。
・現地参加者は、質疑応答、ワークショップ参加、提出した課題に講師からのフィードバックを受けることができます。オンライン参加者はできません。

▼オンライン受講の方へ :

・映像視聴方法は、Vimeo Live のシステムで映像配信します。アカウント登録などの必要はありません。
・お申込み確認後、開催3日前を目安に「放送URL」を申し込みメールアドレスにお送りします。
・生放送時間+終了直後から2週間以内であれば、映像を何回でも視聴できます。

映像配信・技術協力 : 株式会社VoiceJapa

ポイント:認定・准認定ファンドレイザーの受験資格、資格更新に必要な選択研修のポイントを
4ポイント取得可能です。

定員:6名(オンライン参加者は除く)

主催:NPOサポートセンター

詳細・お問い合わせ:
NPOサポートセンターまで

お申し込みはこちらから