Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【オンライン開催】第9回 遺贈寄付サロン 「包括遺贈・不動産遺贈」の事例に学ぶ – その2(全国レガシーギフト協会主催)

開催20213/26Fri. ポイント2pt



第9回目の遺贈寄付サロンは、サロンや研修会でいつも質問が多い「包括遺贈と不動産遺贈」について皆さんと考えたいと思います。包括遺贈は「連帯保証債務」、不動産遺贈は「みなし譲渡課税」などの課題があります。公益財団法人京都地域創造基金 の可児さんには2つの事例をお話し頂きます。

尚、今回は皆さんからの、事例の共有や質疑応答の時間を長く設けたいと思っています。
既に、みなし譲渡課税や、包括遺贈放棄に関してのご質問を頂いておりますが、包括遺贈と不動産遺贈に関するご質問を受け付けております。
包括・不動産遺贈を受けた事例やお断りした事例なども是非とも共有ください。
3/19(金)迄に、こちらにご記入願います。
【遺贈寄付サロンとは・・・】
近年、社会における遺贈寄付への関心が高まる中、多様化した相談者のニーズや信託銀行等からの問い合わせに難しさを感じている現場の担当者やファンドレイザーの方も少なくないのではないでしょうか。全国レガシーギフト協会では、昨年度より遺贈寄付担当者や団体同士のネットワークの構築を促し、テーマに沿って話題・事例提供をリードいただきながら、遺贈寄付ノウハウの構築を促進し、寄付者の方々の思いの実現にむけて行動できる受遺団体を増やす目的で、通年で「遺贈寄付サロン」を開催しています。昨年度は遺贈寄付の広報や戦略、不動産遺贈に至るまで多様なテーマを取り上げ、全7回の遺贈寄付サロンを開催し、延べ約290名の方にご参加いただきました。
今回もオンラインとしましたので、遠方の方もご参加をお待ちしております。

時間 プログラム
15:00-15:10 オープニング
15:10-15:40 可児 卓馬氏(公益財団法人京都地域創造基金事務局長)
15:40-16:00 受けた事例、お断りした事例 紹介
16:00-16:20 事例解説(弊協会理事、遺贈寄附推進機構株式会社 齋藤弘道)
16:20-16:35 グループディスカッション
16:35-16:55 グループディスカッションの共有、質疑応答
・みなし譲渡課税・包括遺贈放棄に関するご質問他
16:55-17:00 第10回予告、事務局からのお知らせ
申し込みはPeatixから
(お申込みに当たっての留意点やキャンセルポリシーは、お申込み画面でご確認ください)

日時

2021年3月26日(金)15:00~17:00(2021年3月25日(木)12:00締め切り)

オンライン提供方式

zoom(※お申込みいただいた方に前日までに参加URLを通知します)

受講費用

日本ファンドレイジング協会会員2,200円(税込)/一般3,300円(税込)

ポイント

認定・准認定ファンドレイザーの受験資格、資格更新に必要な選択研修のポイントを
【2ポイント】取得可能です。

共催

認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会

申し込みはPeatixから
(お申込みに当たっての留意点やキャンセルポリシーは、お申込み画面でご確認ください)