Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【会員限定】ファンドレイジング・サロン「社会貢献教育とSDGsがつながる!~海外の実践事例と日本の展開~」

開催20174/24Mon. ポイント2pt

イベント交流


毎回のテーマに沿ったスピーカーをお呼びし、ファンドレイジングに関する旬なお話をしていただく「ファンドレイジング・サロン」。
お酒と軽食を混じえながらリラックスした雰囲気で、ネットワーキングと学びを深める場です。

 

2017年度の最初のテーマは、「SDGs」と「社会貢献教育」。

 

2015年末に期限を迎えた「ミレニアム開発目標」(MDGs)に代わり、2015年9月に採択された国連が定めた新たな目標「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)。

 

先日、米国で開催されたService Learning Conference に参加し、Youth Service America (http://ysa.org/) のCEO・Steven Culbentson とそこで出会いました。
Culbentson氏と様々な意見交換をする中で「SDGs」と「社会貢献教育」の密接なつながりについて、「子どもたちが自分が一番好きなことをあげてもらい(スポーツ、カメラ、旅行等々)、それをどうやってSDGsの解決に活かすか」や「SDGsはロングスパンでの意識が高まるので教育にマッチしやすい」といった有意義な示唆をいただきました。

 

そこで、今回のサロンではそのカンファレンスに参加した大石からのご報告とSteven氏の示唆に出てきた「SDGs」の国内での普及に努めるSDGs市民社会ネットワークで活動をされている新田英理子様をお招きして、お話しいただきます。

 

SDGsがどのようなもので、自分たちとどのように関わってくるのかを改めて、この機会に考えて頂き、国内外でどのような動きが出てきているのかを共有させていただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

●日時
2017年4月24日(月)19:00~21:00(開場18:30)

●場所
EIJI PRESS Lab (英治出版)
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1-9-12ピトレスクビル 5 F
JR、日比谷線 各恵比寿駅より徒歩3分
http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php

●申込
https://business.form-mailer.jp/fms/cc470d0368821

●参加費
3,000円(税込み、軽食費込み)
※参加費は、当日受付にてお支払いください。
※会員特典として、1名のみ非会員の知人をお呼び頂くことができます。非会員の会費は4,000円となります。

●スピーカー
・新田英理子(認定特定非営利活動法人 本NPOセンター SDGs事業プロデューサー)
大学卒業後、民間企業の社員教育部門に勤務。1996年9月 に退社。
環境NPOなどでの嘱託スタッフやボランティアを経験後、1998年4月より日本 NPOセンターの職員となる。NPO向けの講座、研修、全国大会などの企画・ 運営、企業の社会貢献プログラムの相談やNPOの運営相談の応対等を経て、 2014年8月1日より事務局長。2017年4月1日より、SDGs事業プロデューサーとして、一般社団法人 SDGs市民社会ネットワークに地域連携事業担当アドバイザーとして週3日出向。 多様な人々の参画によって物事を創り出す喜びを大切にしている。
 
・大石俊輔(認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会 寄付市場形成事業ディレクター)
2008年3月法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。学生時代より、まちづくり、文化芸術分野のNPOでのボランティアを経験。同年4月より特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターに勤務。2010年6月より現職。2010年日本で初めての寄付白書の編纂で中心的な役割を担うとともに、次世代向けのフィランソロピー教育である「寄付の教室」実行責任者として活躍中。