投稿日:2017年7月6日

アジア・シリーズ②シンガポール – アジアのソーシャル・ハブを目指して 

TFP28595
シンガポールはソーシャルインパクト投資とベンチャーフィランソロピーのアジアにおけるハブとなることを目指しています。グローバルで活躍するファンドレイジングコンサルタントUsha Menon氏から、シンガポール国家としての寄付推進への取り組みとソーシャル・ハブ構想の実現を阻む課題についてお話を聞きました。

プロフィール

ウシャ・メノン

Executive Chairman, Usha Menon Management Consultancy
アジアの全域で国際的なトレーニングとコンサルティング・サービスを非営利団体向けに提供するコンサルタント会社の会長。 特にリーダーシップ(戦略、管理、基金調達と慈善)では、28年以上の経験があり、多くの国での事例、専門知識と洞察力を有する。

聞き手

松尾 珠実

日本ファンドレイジング協会 プログラム・ディレクター
米国留学を経て上智大学法学部国際関係法学科(EU法専攻)を卒業後、ブリュッセル、ダブリン及び東京の法律事務所、会計監査事務所、NGO等で、パラリーガルや大口寄付ファンドレイザーとして多岐に渡る国際業務に携わる。現在、全国レガシーギフト協会を軸に、「人生の集大成のひとつとしての社会貢献」である遺贈寄付の推進に取り組んでいる。プライベートでは、ランニング等スポーツを通した社会貢献に興味がある。

こちらの記事は協会の会員の方のみ
ご覧いただけます。

既に会員の方は登録時にお送りした閲覧用パスワードをご入力ください。


まだ会員ではない方は、
ぜひ日本ファンドレイジング協会の会員にご登録ください。

パスワードをお忘れの方は、ファンドレイジング協会までお問い合わせください。
また、パスワードは年に1度更新されますので、今のパスワードで入れないという方は協会からお送りしているメールをご確認いただくか、協会までご連絡ください。

Commentsコメント

コメントを残す

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。