投稿日:2017年7月20日

日本版コレクティブインパクトの最新情報とはー尼崎市、文京区の現場からー

連載
松田 典子Noriko Matsuda
日本ファンドレイジング協会 社会的インパクトセンター プログラム・ディレクター

こちらの記事は協会の会員の方のみ
ご覧いただけます。

既に会員の方は登録時にお送りした閲覧用パスワードをご入力ください。


まだ会員ではない方は、
ぜひ日本ファンドレイジング協会の会員にご登録ください。

パスワードをお忘れの方は、ファンドレイジング協会までお問い合わせください。
また、パスワードは年に1度更新されますので、今のパスワードで入れないという方は協会からお送りしているメールをご確認いただくか、協会までご連絡ください。

Commentsコメント

コメントを残す

Profileこの記事を書いた人

松田 典子 Noriko Matsuda

日本ファンドレイジング協会 社会的インパクトセンター プログラム・ディレクター

大学卒業後、金融機関で不動産ファンド業務に従事。働きながら、NPO法人Living in Peaceにて、国内の貧困に取り組む教育プロジェクトを立ち上げ、児童養護施設の子どもたちの環境改善のための寄付プログラム「Chance Maker」や、児童養護施設の子どもたち向けのスタディツアーを作る。現在は、日本ファンドレイジング協会社会インパクトセンタープログラムディレクターとして、社会的インパクト評価に関する業務に従事。

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。