関東 東京都 大学生 中学生 お金の使い方 社会性 協働する力 寄付 【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し②

【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し②

こんにちは! 学生ライターの横山あやのです。
昨年12月に実施された板橋区立板橋第3中学校 3年生が受けていた、Learning by givingプログラムの授業の様子を4回の連載でお届けします。
※ 板橋区立板橋第三中学校のプログラム実施事例の詳細に関しては、【LbG実施事例】の投稿をご覧ください。
※ 連載1回目はこちら


12月17日、プログラムの3限目として、「寄付先のNPO団体で活動されている方の想いを聞き、クラスの仲間に伝えたい内容を考える」という授業が実施されました。
連載2回目の今回は、NPO法人キッズドア(子ども分野)についてインタビューしていた様子をレポートします!
生徒たちの声
子どもの貧困の解決のために活動をされているこの団体に対しては、生徒たち自身と年の近い子どもたちに対する支援であることからか、活動内容にとても興味がある様子でした。

年間多くの寄付をいただいていても追いつかない現状から子どもの貧困問題の大きさを感じたようで、「子どもの貧困を知らない人にはどう伝える?」など、問題の根本的な解決方法についても考えている様子が印象的です。



またあるクラスでは、団体から代表で来てくださっていた生田さんご自身について「活動に参加したきっかけは?」「どんな想いで活動している?」など質問し、生田さんの真剣な思いや言葉に心を動かされている様子が、まさに一人一人の顔の表情から伺えました。

NPO法人キッズドア 生田さんの声
授業後に、団体の生田さんに感想を伺いました。

NPO法人キッズドア 生田さん
質問が次から次へと出てきて、こういうお話をする機会でこんなにも質問をいただけることに新鮮な驚きがありました。また、多くの質問に答える中で、自分たちの組織や活動の内側を改めて整理できました。
まとめ
問題についての理解だけでなく、その解決のために活動している「人」に興味を持ち共感できるのも、直接会って生の声を聞けたからだと思います。
リアルな話が聞ける貴重な経験を通じて、生徒たちの中で「社会貢献」に対する印象少し変化していたら良いなと思います。
次回はNPO法人ドリームタウン(まちづくり分野)についてインタビューいたします!
お楽しみに!
いいね

あつまった応援0

人気企画

  • 【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し④

    【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し④

  • 【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し③

    【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し③

  • 【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し②

    【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し②

  • 【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し①

    【コラム】板橋第3中学校で見た、生徒たちのまっすぐな眼差し①

  • JCEs カンボジアの小学校へ英語教育支援を!

    JCEs カンボジアの小学校へ英語教育支援を!