SESSION
9.10(木)18:30〜19:30
インパクト・スケーリング
社会的インパクト・マネジメントの先の「スケーリング」の考え方
千葉 直紀/今田 克司
国内では社会的インパクト・マネジメントの方法論が少しずつ充実してきましたが、真の意味で社会課題を解決し価値創造を促進させるには、「社会的インパクト」を様々な文脈に合わせて適切にスケールさせるかが重要です。スケールにはscaling up, scaling out, scaling deep等がありますが、日本語ではそれが混在して使われています。本セッションでは、スケーリングのプロセス研究を紹介しながら、それを国内の文脈に落とし込んで考える視座を提供します。

対象者

社会的インパクト・マネジメントの実践者・支援者・資金提供者等

スピーカー紹介

  • スピーカー紹介

    千葉 直紀(認定ファンドレイザー)

    株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役

    社会的インパクト・マネジメント、発展的評価等を通した社会的事業の改善、組織のマネジメント支援を専門としている。これまでNPO/NGO、民間企業、行政の評価・マネジメント支援や人材育成、同分野に関する国内外の調査を広く行ってきている。一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ共同代表。中小企業診断士(経済産業大臣登録)、社会的インパクト・イニシアチブ事務局、日本民間公益活動連携機構(JANPIA)評価アドバイザー、アメリカ評価学会メンバー。

  • 今田 克司

    株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役

    CSOネットワーク常務理事、(一社)SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事、日本NPOセンター理事等。社会的インパクトマネジメント関連では、社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)運営事務局リーダー、休眠預金等活用法における指定活用団体である日本民間公益活動連携機構(JANPIA)評価アドバイザー、日本評価学会理事。国際協力機構(JICA)事業評価外部有識者委員会委員。アメリカ評価学会 Social Impact Measurement TIGメンバー。

お申し込みは終了しました

他のセッション

  • 渡邊 享子/小柴 優子/古市 奏文

    9.6(日) 13:00〜14:00

    ふりかえり&事例紹介~「贈与」が生み出すオルタナティブな社会のあり方

    Case:合同会社巻組『自立を支援するギフトエコノミープラットフォームの形成』を通して考える

    渡邊 享子/小柴 優子/古市 奏文

  • 松本 浩美/藤木 位雄/小堀 誠也/鐘ヶ江 由香

    9.6(日) 13:00〜14:00

    越境する機会を手にした社会人が、NPOに変革を吹き込む支援者へ

    二枚目の名刺サポートプロジェクトの成功事例大公開

    松本 浩美/藤木 位雄/小堀 誠也/鐘ヶ江 由香

シェア ツイート

FRJ2020オンラインについてのお知らせや、
最新情報はこちらから!

FRJ2020に関するお知らせ

mail