Sessions セッション

コミュニティ財団最前線
〜地域の資金循環イノベーション

  • 日時

    2月15日(日) 14:00〜15:20
  • 場所

    アネックス3F
  • 地域の資金循環

コミュニティ財団が展開する多様なファンドレイジングの動きを紹介すると共に、それらが日本の地域社会にとってどのような意味を持つのかを考えます。

講師深尾 昌峰

公益財団法人京都地域創造基金 理事長/龍谷大学 政策学部 准教授

1974年生まれ。大学院在籍時の1998年に特定非営利活動法人きょうとNPOセンターを立ち上げ、事務局長に就任。2001年には日本で初めてのNPO法人放送局である京都コミュニティ放送を設立。2009年公益財団法人京都地域創造基金を設立し理事長に就任。市民社会を支える資金の流れを形成することに注力している。2010年4月龍谷大学法学部准教授に着任。2011年4月から同政策学部准教授。社会的投資をデザインする株式会社PLUS SOCIAL代表取締役もつとめる。現在、京都大学公共政策大学院、同志社大学法学部嘱託講師。専門は公共政策、非営利組織論。一般社団法人全国コミュニティ財団協会会長。

講師木村 真樹

公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事/コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事/認定講師/認定ファンドレイザー

1977年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後、地方銀行勤務を経て、A SEED JAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフなどを歴任。2005年にコミュニティ・ユース・バンクmomoを設立し、若者たちによる"お金の地産地消"の推進や、市民公益活動へのハンズオン支援を行っている。13年4月にはあいちコミュニティ財団を設立し、14年4月に公益財団法人として愛知県から認定。愛知淑徳大学非常勤講師、東海若手起業塾実行委員会理事、全国NPOバンク連絡会副理事長、一般社団法人全国コミュニティ財団協会副会長、認定NPO法人日本NPOセンター評議員、NPO法人日本ファンドレイジング協会理事なども務める。

お申し込みは締め切りました

セッション一覧に戻る
pagetop