認定ファンドレイザー必修研修を受講するには、資格認定制度規約第10条により、下記の条件を満たすことが必要です。 下記に同意の上、全てにチェックをし、研修申し込みにお進み下さい。
(当該年度のファンドレイジング・スクールを受講している方は、下記全てにチェックをし、研修申し込みにお進み下さい。)

満18歳以上。

ファンドレイジング業務の有償実務経験を3年以上有するもの、又は当該年度の認定ファンドレイザー試験日時点で有償実務経験の期間が3年以上に達する見込みのあるもの。

※有償実務経験については下記よりご確認の上、自らの責任において申告を行うものとします。

有償実務経験について

※昨年度の実務経験シートは、こちらになります。
最新のものは、試験申込時にダウンロードして、申告して頂きます。

申込時点で有効な准認定ファンドレイザー資格を有するもの。

※第15回准認定ファンドレイザー筆記試験合格者で、当協会の有効な会員資格が確認され、倫理宣誓書に署名・返送して下さった方は、資格証の付与は9月1日ですが、上記にチェックの上、お申込みにお進み下さい。

当協会の会費滞納がないこと。