Newsお知らせ

【プレスリリース】ファンドレイジング日本2017 インパクト×ファンドレイジングで、未来が動き出す

ソーシャルイノベーション、SDGs、CSV、評価、ふるさと納税、遺贈寄付など
ファンドレイジング(資金調達)に関することがすべて学べるアジア最大のファンドレイジング大会
 
ファンドレイジング日本 2017
インパクト×ファンドレイジングで、未来が動き出す

 
2017 年 3 月 18 日(土)・19 日(日)(3 月 17 日(金)プレイベント)開催
 
日本ファンドレイジング協会は、今年で 8 回目となる「ファンドレイジング日本 2017(FRJ2017)」を開催致します。本大会はアジア最大のファンドレイジング大会で、今年は過去最大となる 1300 人を超える参加者が集まります。2 日間で 70 を超えるセッションを通して、ファンドレイジング(資金調達)の全てを学ぶことができます。
 
ファンドレイジング日本 2017 には、英国より遺贈寄付のリソースパーソンのステファン氏が来日し、遺贈寄付の今を語るほか、世界で最も注目されるファンドレイザであるダリアン氏がソーシャルイノベーションの未来を予感します。さらに、中国、インドなどアジアからのファンドレイザーも招聘。休眠預金、遺贈寄付、ソーシャルインパクトボンド(SIB)、ふるさと納税を活用した寄付集めなど、今日本で関心が高まっているトピックについて、それらを牽引する皆さまにご登壇いただきます。
 
また、3 月 18 日(土)には、「社会貢献教育オープンシンポジウム 2017」も同時開催致します。諸外国では一般的な社会貢献教育ですが、日本ではまだまだ十分な寄付教育がなされているとはいいがたい現状があります。そのため、米国ファンドレイジング協会より、ヴァレリー氏をお迎えし、米国での社会貢献教育の現状をお話しいただきます。
 
また、日本の社会貢献教育の全体像を示し、全国のさまざまな寄付教育プログラムを一堂に集めて紹介いたします。プログラムの導入段階別にいくつかの事例を紹介するとともに、社会貢献教育の可能性や、教育現場に導入していくために必要なことなどを考えます。
 
■ プレスリリースはこちらからダウンロードしていただけます。
 
【ファンドレイジング・日本 2017】http://jfra.jp/frj/
【日時】2017 年 3 月 18 日(土)9:30-18:40・13 日(日)9:30-16:30
【会場】芝浦工業大学豊洲キャンパス(最寄駅:豊洲駅)
【社会貢献教育オープンシンポジウム】http://jfra.jp/ltg2017/
【日時】2017 年 3 月 18 日(土)第一部 15:30-16:50・第二部 17:20-18:40
【会場】芝浦工業大学豊洲キャンパス(最寄駅:豊洲駅)
【講師】ステファン・ジョージ(英国ファンドレイジング協会副会長)、ダリアン・ロドリゲス・ヘイマン(ファンドレイジングコンサルタント)、大西健丞(ピースウィンズジャパン代表)、米良はるか(Readyfor代表)、福田淳(ソニーデジタルエンターテイメント代表)、澁澤健(コモンズ投信会長)、深尾昌峰(全国コミュニティ財団協会会長)他 115 名
【主催】認定 NPO 法人 日本ファンドレイジング協会 (http://jfra.jp/
 
■ご取材のご連絡・お問合せ■ 日本ファンドレイジング協会 担当:三島理恵
TEL:03-6809-2590 メール:mishima@jfra.jp 当日連絡先 TEL:090-1051-3112(担当:三島)