Newsお知らせ

【お知らせ】寄付白書のデータ販売が開始いたしました

かねてよりご要望頂いておりました『寄付白書』のデータ販売が開始いたしました。

 
本白書では、個人寄付、法人寄付(前々年度分、国税庁データより)、ボランティア活動の1年間の総額推計(前年の1月〜12月分)および寄付者の動機やきっかけなどや寄付に関するトピック、受け手側の公表データからの寄付額などを掲載しており、日本で唯一の寄付市場に関する網羅的なデータブックです。
 
本白書の調査(全国寄付実態調査)から得られたローデータセットおよび本白書に掲載している図表データセットを下記の通り販売しております。
 

1.寄付白書2015ローデータセット
寄付白書2015の調査から得られたローデータおよび単純集計データ/ファイル形式:エクセル
販売価格 弊協会会員:70,000円/一般:100,000円

2.寄付白書2015図表データセット
寄付白書2015に掲載している図表データ/ファイル形式:パワーポイント
販売価格 弊協会会員:20,000円/一般:30,000円

購入をご希望される方は、下記よりお申込み下さい。

お申込みはコチラ
20160714

※注意事項
・購入申込書を提出してから利用承認・本データの提供が行われるまでには1週間程度を要すること。
・利用承認のための審査の結果、利用が認められない場合があること。
・別途同意提出を要する誓約書に違反したときは利用承認が取り消される可能性があること。

 
ーーー
このデータは、こんな風に使えます。
 
認定、准認定ファンドレイザーなどのファンドレイジング実務者は、寄付者の心理や寄付する動機などの個別のファンドレイジング戦略への活用。
NPO向けにサービスを提供する会社の方は、顧客向けサービスをより向上していただくための市場ニーズを把握のための活用。
研究者の方は、寄付に関するさらなる研究に活用していだだき、より多くの「寄付」に関する調査研究を実施。
ーーー
 
調査概要:
1.調査設計
実査機関:2015年3月18日~2015年3月27日
調査対象者:2015年3月時点で全国に居住する満20~79歳の男女個人(1935年3月~1995年3月に生まれた男女)
調査方法:インターネット調査
調査対象地域:全国
標本数(アタック数):20,382
抽出方法:ネット調査専用モニター
質問数:26問(インターネット上の設問カウントでは35問となる)
調査実施:株式会社インテージ・株式会社インテージリサーチ
 
2.標本設計・標本抽出
総務省統計局「2009年全国消費実態調査」の総世帯(2人以上世帯+単身世帯)年間年収階級および世帯主年齢階級別構成比に基づき6区分の世帯年収と5区分の世帯主年齢による標本の割付を設計した。
標本設計および抽出にあたり、以下の点を設計上の制約として、調査を実施した。
・性別は、男女同程度の回収を想定した。
・調査会社のモニターの年齢構成等を勘案し、30歳未満については、20歳以上、70歳以上については、79歳以下に限定した。
・モニターに世帯主情報がないため、世帯主年齢はモニターの年齢とした。
————————————————————
寄付白書や調査データの販売に関する詳細は、下記よりご参照くださいませ。
http://jfra.jp/research
 
【本件お問い合わせ先】
日本ファンドレイジング協会
担当:大石俊輔
tel:03-6809-2590
fax:03-6809-2591
E-mail:info@jfra.jp