Our Activities / 事業紹介
社会貢献教育ファシリテーター一覧

社会貢献教育ファシリテーター

橋爪 智子Tomoko Hashizume

  • 特定非営利活動法人 日本補助犬情報センター 専務理事兼事務局長/准認定ファンドレイザー

1972年生まれ、京都府京都市出身。同志社大学商学部卒。
1995年、東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)に入社。1997年にAAT(Animal Assisted Therapy)に出会い、余暇を利用してボランティア活動を始める。2000年からは京都大学経済研究所勤務の傍らボランティア活動を続け、2002年身体障害者補助犬法成立の年より現職。5/22補助犬法成立の歴史的瞬間、国会議事堂内で当事者の方々とともに立ち会う。現在は10歳娘と6歳息子の二児の母。

日頃、「身体障害者補助犬」を通したUD教育に力を入れており、保育園〜大学・企業等様々な場所に出向く機会が多い中、【社会貢献教育ファシリテーター】は、新たなライフワークのように感じています♪どちらの内容でも、子ども達は同じく目をキラキラと輝かせてくれます。
「困っている人」の存在を初めて知り、その「困っている人」は、「自分に全く関係のない人」ではなく、「自分の大切な誰か」かもしれないという想像力を働かせ、その人の気持ちに寄り添います。子ども達の無限の想像力と思いやりの気持ちは、とても柔軟で素敵なアイデアを生み出してくれるので、毎回が私にとっても、新たな発見と気付きの連続です!

 

WEB:日本補助犬情報センター
BLOG:【ほじょ犬ってなぁに?】