投稿日:2016年12月9日

検索エンジンを通じて、「寄付先を探している」方と出会う方法

山内 悠太Yuta Yamauchi
認定ファンドレイザー

こちらの記事は協会の会員の方のみ
ご覧いただけます。

既に会員の方は登録時にお送りした閲覧用パスワードをご入力ください。


まだ会員ではない方は、
ぜひ日本ファンドレイジング協会の会員にご登録ください。

パスワードをお忘れの方は、ファンドレイジング協会までお問い合わせください。
また、パスワードは年に1度更新されますので、今のパスワードで入れないという方は協会からお送りしているメールをご確認いただくか、協会までご連絡ください。

Commentsコメント

コメントを残す

Profileこの記事を書いた人

山内 悠太 Yuta Yamauchi

認定ファンドレイザー

フリーランス ファンドレイザー/認定NPO法人カタリバ フェロー
2005年、東京大学在学時に草創期のカタリバにボランティアスタッフとして参加。大学卒業後、大手電機メーカーに新卒で入社して、広報・CSRを担当。その後広告代理店に転職して、化粧品や健康食品など単品リピート通販会社の広告制作やCRM設計等、ダイレクトマーケティングの支援を手がけた。
2011年8月、認定NPO法人カタリバに参画。広報・ファンドレイジング部の責任者として、事業計画の策定からWebサイトの立ち上げ、マスコミ向け広報の強化や支援者データベースの導入、寄付者へのお礼・報告体制の整備などを行った。就任当初は約2千万円だった寄付収入が約8倍に成長するのを牽引。約170名だったマンスリー・サポーターも、約1100名まで増やした。
14年9月からフリーランスとして独立。主に検索エンジンやソーシャルメディアを活用した新規寄付者獲得や、DM・メールマガジン等による既存ドナーのフォローなど、ファンドレイジングの支援を手がける。

会員限定コンテンツを読むために

ファンドレイジングジャーナルオンラインを運営する「日本ファンドレイジング協会」とは?

より良い記事をお届けするために、
皆さまからのご意見をお寄せください

※いただいたご意見には全て対応できない可能性がございますので予めご了承ください。