Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【基礎編】成果を生み出すためのロジックモデルを作成してみよう!

開催201710/12Thu. ポイント2pt

スクールアドバンス研修スクール評価

その事業が、どのようなストーリーで社会課題を解決して、どのような成果を生み出すのか。その点に留意しながら、事業をデザインして活動を進めていくのは、ファンドレイザーとして非常に重要です。
本講座では、「社会的インパクト評価ツールセット」をもとに事前学習をして頂いた上で、講座内でロジックモデルの作成をしていくワークをしながら、学びを深めていきます。

 

こんな方におススメ!
自団体やお知り合いの団体が、ロジックモデルの作成を検討されている方
実践で使えるファンドレイジング力を培いたい方
ファンドレイジング・スクールのカリキュラムにご関心のある方

准認定ファンドレイザー必修研修受講済の方が対象の講座です。
ファンドレイジング・スクール本科1年コースの方々との合同受講となります。

※ファンドレイジング・スクールを知りたい方はコチラ

 

受講費用
日本ファンドレイジング協会 会員5,400円、非会員8,640円(税込)
※キャンセルは、研修日前日17時までのご連絡とさせて頂きます。それ以降は、いかなる場合にもご返金できませんのでご了承ください。
日程
2017年10月12日(木) 東京 19:00-21:00 (会場:連合会館
申込締切 10月5日(木)
タイトル「【基礎編】成果を生み出すためのロジックモデルを作成してみよう!」

講師


鴨崎 貴泰 (日本ファンドレイジング協会 事務局長/認定ファンドレイザー)
1978年生まれ。千葉大学園芸学部緑地環境学科卒業。グロービス経営大学院卒業(MBA)。環境コンサルティング会社を経て、2009年公益財団法人信頼資本財団に設立時より参画し、社会起業家に対する無利子・無担保融資事業やNPOのファンドレイジング支援事業を行う。2013年に信頼資本財団を退職後、2014年NPO法人日本ファンドレイジング協会へ入職し、現在に至る。SIBの日本導入やSROIによる社会的インパクト評価などに従事。他、平成27年度共助社会づくり懇談会社会的インパクト評価ワーキング・グループのアドバイザーを務める。