Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

【会員限定】ファンドレイジング・サロン「人生の集大成としての社会貢献~安心してレガシーギフトを贈るための信託~」

開催20177/26Wed. ポイント2pt

イベントイベント

毎回のテーマに沿ったスピーカーをお呼びし、ファンドレイジングに関する旬なお話をしていただく「ファンドレイジング・サロン」
お酒と軽食を混じえながらリラックスした雰囲気で、ネットワーキングと学びを深める場です。

 

今回のテーマは、「信託による遺贈寄付」。
遺贈寄付とは、「遺言による寄付(遺贈)」、「相続財産の寄付」、「信託による寄付」の3つの総称です。

 

「遺贈寄付」という言葉が、メディア等で徐々に取り上げられてきている中、その具体的な手法や各個別の仕組みは、まだまだ知られていません。

 

その中でも、信託の仕組みを利用した遺贈寄付という手法があり、今回のサロンでは、「生命保険信託」や「特定寄付信託」という分野での信託を専門に扱っている方々をスピーカーにお招きし、信託の仕組みを利用したどのような遺贈寄付の方法があるかをお話しいただきます。

 

人生の集大成の社会貢献として、遺贈寄付を考える際、信託の仕組みを利用することが選択肢の一つとなればと思っております。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

●タイトル:
ファンドレイジング・サロン「人生の集大成としての社会貢献~安心してレガシーギフトを贈るための信託~」

●日時
2017年7月26日(水)19:00~21:00(開場18:30)

●場所
EIJI PRESS Lab (英治出版)
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1-9-12ピトレスクビル 5 F
JR、日比谷線 各恵比寿駅より徒歩3分
http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php

●参加費
3,000円(税込み、軽食費込み)
※参加費は、当日受付にてお支払いください。
※会員特典として、1名のみ非会員の知人をお呼び頂くことができます。非会員の会費は4,000円となります。

●スピーカー

齋藤 弘道
(野村信託銀行株式会社 審査部 シニア・マネージャー、一般社団法人全国レガシーギフト協会 理事)
1988年富士銀行(現みずほ銀行)に入行。2004年みずほ信託銀行へ転籍。遺言信託業務の顧客担当を経て、本部にて企画・営業推進・受託審査に携わる。遺贈寄付を希望する遺言者の意思が実現されていない実態を知り、この状況を打破する手段を模索し始めた時に、日本ファンドレイジング協会の鵜尾代表理事と出逢う。2014年現職にて相続関連業務を新規立ち上げ。

菊池 諒介
(プルデンシャル生命保険株式会社 港第三支社 シニア・ライフプランナー 公認会計士)
2010年公認会計士試験合格後、会計事務所勤務を経て2014年3月より現職。専門知識
を活かしたライフプランニングの他、契約者が生前の想いを託した保険金の支払わ
れた後こそが大切であると考え、生命保険信託の普及活動も行っている。
2016年より公認会計士のプロボノ(専門性を活かした社会貢献活動)を推進するNPO
法人Accountability for Changeの理事に就任。