Event / Training / Schoolイベント・研修・スクール

社会的投資・融資(ケーススタディ)

開催20171/14Sat. ポイント2pt 締切 2017 1/11Wed.

スクール研修社会的投資・融資

training-banner0114-kamozaki

・准認定ファンドレイザー必修研修受講済の方が対象の講座です。
・ファンドレイジング・スクール本科1年コースの方との合同受講となります。
・受講前に予習が必要となります
※ファンドレイジング・スクールを知りたい方はコチラ
受講費用
日本ファンドレイジング協会 会員5,400円、非会員8,640円(税込)
※キャンセルは、研修日前日17時までのご連絡とさせて頂きます。それ以降は、いかなる場合にもご返金できませんのでご了承ください。
日程と会場
2017年1月14日(土) 東京2017年1月14日(土) 東京 9:30-11:30(会場:北沢タウンホール2F 第一集会室) )(開場9:15)
申込締切 1月11日(水)
タイトル
「社会的投資・融資(ケーススタディ)」
内容
日本でもSIB(Social Impact Bond)のパイロット事業が始まり、社会的にも関心度が高まってきています。この講座では、G8社会的インパクト投資タスクフォース日本国内諮問委員会が2016年9月29日に公開した、社会的インパクト投資の現状をまとめたレポートを講師より解説を行い、日本の社会的インパクト投資の市場規模、主要なプレーヤー、昨今の注目トピックス等、日本の現状を理解していきます。
講師

training-profile-kamozaki鴨崎 貴泰(日本ファンドレイジング協会 事務局長 認定ファンドレイザー/認定講師)
1978年生まれ。千葉大学園芸学部緑地環境学科卒業。グロービス経営 大学院卒業(MBA)。環境コンサルティング会社を経て、2009年公益財団法人信頼資本財団に設立時より参画し、社会起業家に対する無利子・無担保融資 事業やNPOのファンドレイジング支援事業を行う。2013年に信頼資本財団を退職後、2014年NPO法人日本ファンドレイジング協会へ入職。2015 年1月より事務局長となり、現在に至る。SROI評価やSIB(Social Impact Bond)の日本導入などに携わる。

落合 千華(慶應義塾大学政策・メディア研究科 研究員)
慶應義塾大学理工学部卒業、同大学院生物化学専修修了。メーカー研究員、経営コンサルタントを経て慶應義塾大学SFC研究所に所属。主にソーシャルインパクトボンドを含むソーシャルファイナンス関連のプロジェクトに参画。経産省、厚労省や内閣府の調査研究案件、教育系NPOや介護施設等の評価案件に参画経験有。